Rakuten infoseek

辞書

【かい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


かい
」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。


律令時代の文書様式の一つ。上下支配関係にある下の役所から,上の役所に出す文書様式。に対応する様式として公式令 (くしきりょう) に規定されている。実際には役所間だけでなく,個人の場合にも,役所や上位の人に出す文書として用いた。訴訟の際,最初の訴状はもと解文の形をとったので,本解ともいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かい【解】
意味をときあかすこと。解釈。また、その説明。→解する
与えられた問題に対する答え。
数学で、問題を解いて得られた結果。方程式の微分方程式を満足させる関数など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かい【解】[漢字項目]
[音]カイ(漢) (呉) [訓]とく とかす とける ほどく
学習漢字]5年
〈カイ〉
一つにまとまったものを解き分ける。ばらばらになる。「解散解体解剖瓦解電解氷解分解融解溶解
もつれ・ごたごたを解きほぐす。「解決和解
役目や束縛から解き放す。「解禁解雇解除解消解職解任解放解約
解き明かす。「解釈解説解答解明見解詳解図解正解注解読解弁解明解
物事の筋道・意味がはっきりとらえられる。わかる。「理解諒解(りょうかい)一知半解
〈ゲ〉
解き放す。「解脱解毒解熱
説明・解釈。「義解集解
[名のり]ざ・さとる・とき・ひろ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げ【解】
律令制で、諸官庁から上級官庁あるいは太政官へ上申した公文書。解状。解文(げぶみ)。→符(ふ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げ【解】[漢字項目]
かい

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かい【解 solution】
方程式があったとき,それを満たすもの全体を,その方程式の解という。x=1,x2-2x+1=0はいずれも解はx=1であり,x2-1=0の解はx=1およびx=-1である。微分方程式の場合のように,解が関数である場合もある。代数方程式の解は根とも呼ばれるが,根と解とには,考え方に差異があるので,その説明から始めよう。
[根]
 係数が複素数の多項式f(x)=a0xna1xn-1+……+an(a0≠0)は,因数分解する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

げ【解】
令(りよう)で規定された公式様(くしきよう)文書の一つ。公式令での規定では,民部省など八省以下の内外諸司から太政官および所管上級官司へ上申する文書様式であった。たとえば主計寮から民部省へ,民部省から太政官へ上る場合にこの様式を用いる。第1行目に〈(差出所)解 申……事〉と記し,以下本文,年月日,位署の順に書く。本文の書き止めは太政官に対するものは〈謹解〉,その他に対しては〈以解〉とする。位署は四等官全員が署する規定であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かい【解】
説明。解釈。
〘数〙 〔solution〕 方程式を成り立たせる未知数の値(根)。不等式を成立させる未知数の値、またそのような値全体の集合。または、微分方程式などを満足する関数。
与えられた問題の答え。
漢文の文体の一。疑惑や非難にこたえることを目的としたもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げ【解】
悟ること。わかること。また、説明すること。 「無礙の見をおこし、偏空の-をなして/沙石 3
律令制で、下級官司が上級官司または太政官に差し出す上申文書。またはその様式。のちには個人の上申書にもいった。解状。解文。 →
中世、訴状の別名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


公式令(くしきりょう)に規定された文書の一様式。令の規定では、支配関係にある役所間で、上級官庁から下級官庁に下す文書が符(ふ)であるのに対し、下級官庁が上級官庁に差し出す文書に解を用いた。解は本来官庁が出す文書であったが、すでに奈良時代、諸家、個人も解を用い、広く上申文書として解が使用された。解は鎌倉時代衰退するが、売買、訴訟文書には比較的遅くまで解の様式がみられる。奈良時代、土地売買は当事者間の契約だけでは無効で、国司(こくし)に申請し、その証明を必要としたため、売買文書は解の様式で書かれた。その後、国司の認可が必要でなくなっても、売買証文に解の様式を使う慣習は鎌倉時代まで残っていた。[百瀬今朝雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい【解】
〘名〙
① 説き明かし。説明。解釈。→解する
※史記抄(1477)九「第一の解ならば、たたりみこなんどと云やうなものぞ。第二の解ならば、いのりはらいしてよく鬼を祭落するぞ」
漢文の一体。疑惑を解き、非難に反論するのを目的とするもので、漢の揚雄の「解嘲」に始まるとされる。
※俳諧・本朝文選(1706)四「長雪隠解〈許六〉」 〔文体明辨‐解〕
③ 方程式や不等式を満たすものの、もとの方程式や不等式に対する称。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕
④ 与えられた問題に対する解答。
⑤ 楽章の一節。
※徂徠集(1735‐40)二三「承問五解、古楽府謂章為解、出楽府諸書」 〔楽府詩集‐相和歌辞解題〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かい‐・す【解】
[1] 〘他サ変〙 ⇒かいする(解)
[2] 〘他サ五(四)〙 (サ変から転じた語) =かいする(解)
安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三「支那風でいふから解さねへのもむべなりむべなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かい‐・する【解】
〘他サ変〙 かい・す 〘他サ変〙 物事の意味や筋道を理解したり、解き明かしたりする。解釈する。また、物事のある状態を会得、了解する。よくわかる。
※華族の海外留学を奨励し給へる勅諭‐明治四年(1871)一〇月二二日「我邦女学の制、未だ立たざるを以て、婦女多くは事理を解(カイ)せず」
三四郎(1908)〈夏目漱石〉四「三四郎は此内の空気を略(ほぼ)解し得た所にゐる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げ【解】
〘名〙
① 説明すること。解釈すること。
※法華義疏(7C前)一「光宅法師解言、知見只是一衆生当来仏果、示為聞慧、悟為思慧
※令義解(718)公式「右八省以下内外諸司。上太政官及所一レ管。並為解」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げ‐・す【解】
(「げ」は「解」の呉音)
[1] 〘自サ変〙 解脱(げだつ)する。さとる。〔日葡辞書(1603‐04)〕
[2] 〘他サ変〙
① 解状(げじょう)を上級機関や貴人に奉る。上申する。
※令義解(718)公式「解式 式部省解申其事。其事云云。謹解」
② 結ばれていたり固まっていたりするものを解く。
(イ) 結ばれているものをほどく。
※謡曲・歌占(1432頃)「足に刀山踏む時は、剣樹ともに解すとかや」
(ロ) 固体をばらばらにする。解体する。
(ハ) 約束、協定などをやめにする。解く。〔文明本節用集(室町中)〕
(ニ) 束縛や毒などをとり除く。〔文明本節用集(室町中)〕
③ 職をやめさせる。解任する。
※太平記(14C後)一五「勅勘を蒙り、神職を解(ゲセ)られて、貞久に補せらる」
④ わからなかったことを明らかにする。特に、心、気持や物事のすじみちなどを理解する。解(かい)する。
※羅葡日辞書(1595)「Dissoluo〈略〉フシンヲ guesuru(ゲスル)、トク」
[3] 〘他サ四〙 (二)に同じ。
浄瑠璃根元曾我(1698頃)二「もとのたまごのくさらざるしろみをもってこれをげすに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げ・せる【解】
〘サ下一〙 (「げす(解)」の可能動詞) 人の心理や物事の条理を納得できる。理解できる。わかる。
※評判記・江戸土産(1784)卯曾我まこと同姉妹「しれてゐてもしれぬといって、たづねるがしゅかふか、ちとげせませぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

と・く【解】
[1] 〘他カ五(四)〙
① 結んであるもの、縫ってあるものなどをほどく。
※古事記(712)上・歌謡「太刀が緒も いまだ登加(トカ)ずて 襲(おすひ)をも いまだ登加(トカ)ねば」
※大和(947‐957頃)一六九「『これを形見にしたまへ』とて、帯をときてとらせけり」
② 束ねたものをばらばらにしたり、封じたものを開いたりする。
※万葉(8C後)一〇・二〇一二「白玉の五百(いほ)つ集(つど)ひを解(とき)も見ず吾れは寝かてぬ逢はぬ日待つに」
※平家(13C前)一一「判官あまさへ封をもとかず、いそぎ時忠卿のもとへ送られけり」
③ 乱れもつれたものを分けて整える。
※源氏(1001‐14頃)手習「御髪(ぐし)手づからけづり給ふ。〈略〉ときはてたれば、つやつやとけうらなり」
④ 車などにつける飾りや身にまとう着物などをとり除く。
※蜻蛉(974頃)中「只今なん、御車の装束ときて、み随身ばらも、みな乱れはべりぬ」
⑤ 腹立ち、不機嫌、恨み、悲しみ、疑いなど、心のわだかまりを消してさっぱりさせる。「疑いを解く」
※妾の半生涯(1904)〈福田英子〉七「せめては、婦女の職分をも尽して、世間の誤謬を解(ト)かん者と」
⑥ 役目、責任、契約、制限など、束縛となるものを除く。解任、解約、解禁などをする。
※舞姫(1890)〈森鴎外〉「憎み思ひし官長は、遂に旨を公使館に伝へて、我官を免じ、我職を解いたり」
⑦ 防備、警戒、包囲などのためにとっていた態勢をくずす。「警戒を解く」「囲みを解く」
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉一二「遂に函館の固めを解(ト)き」
⑧ 魚や鳥獣を刃物で切り裂く。包丁を入れて料理する。また、解剖する。
※台記‐仁平二年(1152)二月二六日「行賢即解鯉」
⑨ 疑問や問題に対する答えを出す。解答する。
※徒然草(1331頃)一〇三「近習の人ども、なぞなぞを作りてとかれける処へ」
※彼女と少年(1917)〈徳田秋声〉五「代数をやったり、幾何の問題を解いたり」
⑩ あたえられた方程式、不等式を満たす未知数の値の範囲を求める。解(かい)を求める。
[2] 〘自カ下二〙 ⇒とける(解)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

と・ける【解】
〘自カ下一〙 と・く 〘自カ下二〙
① 結ばれていたものがわかれ離れる。結び目がほどける。
※万葉(8C後)一四・三四八三「昼解けば等家(トケ)なへ紐のわが背なに相寄るとかも夜等家(トケ)やすけ」
※枕(10C終)八九「赤紐のとけたるを、これ結ばばやと言へば」
② 腹立ち・不機嫌・恨み・悲しみなど、心のわだかまりが消える。
※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)三「一切の怖畏と煩悩と逼切とを、皆解(トクル)こと得しむるに、なりぬ」
浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「胸の鬱結(むすぼれ)も解けてむしゃくしゃも消え消えになり」
③ 心のへだてがなくなる。なれ親しむ。うちとける。
※万葉(8C後)一七・三九四〇「万代に心は刀気(トケ)てわが背子がつみし手見つつ忍びかねつも」
※源氏(1001‐14頃)夕顔「六条わたりにもとけがたかりし御けしきをおもむけきこえ給てのち」
④ 安らかな心になる。安心する。
※万葉(8C後)九・一七五三「うれしみと 紐の緒解きて 家の如 解(とけ)てそ遊ぶ」
⑤ 役目・責任・契約・制限など、束縛となるものが除かれる。
※古今(905‐914)雑下・九六三・詞書「左近将監とけて侍りける時に」
⑥ 防備・警戒・包囲などのためにとっていた態勢がゆるめられる。解かれる。
※落語・出世の鼻(1892)〈禽語楼小さん〉「余が是を持って出で御固(おかた)めの解けるまで其の穴の中にもぐって居れ」
⑦ 組織されたものがばらばらになる。解散する。
※黒い眼と茶色の目(1914)〈徳富蘆花〉四「兄の家塾が解けて以来、一人熊本に取残されて居たが」
⑧ 疑問や問題に対する答えが出る。また、よくわからなかった点がはっきりして了解される。〔文明本節用集(室町中)〕
※春潮(1903)〈田山花袋〉一一「この疑問は遂に解けた例しが無い」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はつし【解】
〘名〙 =はつり(解)〔羅葡日辞書(1595)〕
※浄瑠璃・薩摩歌(1711頃)中「何も彼も未だはつしの糸の、いとしとまでに思はくの」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はつり【解】
〘名〙 絹布の類をほぐし、糸として使うもの。はつし。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「いと使ひよき、手づくりの針の、耳いと明らかなるに、信濃のはつりをいとよき程にすげて」
[補注]動詞「はつる(削)」を、織物をときほぐす意に用い、その連用形を名詞化したものか。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はつ・る【解】
〘自ラ下二〙 (「はつる(削)」と同源か) まとまっていたものが端から解け離れる。ほつれる。ほどける。
※古今(905‐914)恋五・八四一「藤衣はつるる糸はわび人の涙の玉のをとぞなりける〈壬生忠岑〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほぐ・す【解】
〘他サ五(四)〙
① 結んであるもの、縫ってあるもの、織ってあるもの、からまっているもの、難解であることなどをとき分ける。また、建物を解体する。ほどく。ほごす。
※類従本清少納言集(1028頃か)「さばかりのはかなき事をほぐすべきにもあらず」
② かたまっているもの、こりかたまっている気持などをやわらげる。
クローディアスの日記(1912)〈志賀直哉〉「いやな気分も直ぐほぐされて了ふのだ」
③ 食物を、食べやすいように分けたり、かきまぜたりする。
※手鎖心中(1972)〈井上ひさし〉鳥越「おすずさんは、魚の身をほぐしてやったりした」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほぐ・る【解】
〘自ラ下二〙 ⇒ほぐれる(解)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほぐれ【解】
〘名〙 (動詞「ほぐれる(解)」の連用形の名詞化)
① 解けて離れること。また、そのもの。
※オールド・ノース・ブリッジの一片(1968)〈島尾敏雄〉「私には緊張のほぐれが逆流してくるようなのだ」
② 破綻(はたん)が生じること。
※浄瑠璃・平仮名盛衰記(1739)四「扨もひあいなだまし様、中程からほぐれがきてわしゃあぶあぶ思ふてゐた」
③ おちぶれること。
洒落本・浪花色八卦(1757)蔦菱卦「新町ほぐれのとしま」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほぐ・れる【解】
〘自ラ下一〙 ほぐ・る 〘自ラ下二〙
① 組み合ったり、からまったり、もつれたりしていたものが解けて離れる。ほどける。ほごれる。
※浄瑠璃・酒顛童子付頼光山入(1678)「てきいらってもちかくる所をほくれ。すそをはらひてのめらせて、はったりはったりと打たりけり」
② 緊張が解けて和らぐ。
※爛(1913)〈徳田秋声〉四〇「少しづつ釈(ホグ)れて来るお今の話に」
③ しそびれる。
三河物語(1626頃)三「秀頼之大阪にて、相国様に御腹を切せ奉らんと有りけれ共、ほぐれてならざる事なれ共」
④ 取引用語で、売買取引が解消される。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほご・す【解】
〘他サ五(四)〙 =ほぐす(解)
※梅津政景日記‐慶長一七年(1612)一一月二二日「七つの家ほこし候へと申付候時」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉三「思ひ詰めた心を解(ホゴ)して」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほご・る【解】
〘自ラ下二〙 ⇒ほごれる(解)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほご・れる【解】
〘自ラ下一〙 ほご・る 〘自ラ下二〙 =ほぐれる(解)
滑稽本・古朽木(1780)四「若葉も自然とほごるるきざし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほつ・す【解】
〘他サ四〙 ほぐす。ほどく。とく。
浮世草子・けいせい伝受紙子(1710)二「裙をほつせし柿帷子を」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほつ・る【解】
〘自ラ下二〙 ⇒ほつれる(解)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほつれ【解】
〘名〙 (動詞「ほつれる(解)」の連用形の名詞化) ほつれること。また、ほつれたもの。
※俳諧・毛吹草(1638)五「糸遊は霞のあみのほつれ哉〈望一〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほつ・れる【解】
〘自ラ下一〙 ほつ・る 〘自ラ下二〙 編んだり束ねたりしてあるものの、端の方が解けて乱れる。
※玉塵抄(1563)四四「柳のはうこと云、まるい花の心にさくが白ぞ。ほつれてぼぼけて風にそらをとびまわるぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほど・く【解】
[1] 〘他カ五(四)〙
① 結んだもの、結ったもの、縫ったものなどをときわける。ときはなつ。はなつ。とく。
※万葉(8C後)四・七七二「夢にだに見えむと吾れは保杼毛(ホドケ)どもあひし思はねばうべ見えざらむ」
② 神仏にかけた願(がん)がかなった後、お礼参りしてその願をとく。願ほどきをする。
※義経記(室町中か)三「王子王子の御前にて宿願をほどき候べし」
③ 疑問をとく。理解する。思いほどく。
※中華若木詩抄(1520頃)上「一二の句にて、不審を立てて、三四の句にて、ほどいた也」
④ 魚の身をひらく。
※俳諧・冬の日(1685)「まがきまで津浪の水にくづれ行〈荷兮〉 仏喰たる魚解(ホド)きけり〈芭蕉〉」
[2] 〘自カ下二〙 ⇒ほどける(解)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほど・ける【解】
〘自カ下一〙 ほど・く 〘自カ下二〙
① かたく閉じていたもの、結ばれていたものなどがとけ分かれる。とけ離れる。とける。
※今鏡(1170)九「あをやぎのいろのいとにてむすびてしかれははとけで春ぞくれぬる〈略〉縒れ葉ほどけでと書けるもあり」
② 疑いが晴れる。理解できる。とける。
※浄瑠璃・鎌倉袖日記(1688‐1704頃)二「かやうかやうといはせも果てず、いやそれにてはほどけぬ」
③ 気持が和らぐ。また、口が軽くなる。うちとける。
※浮世草子・傾城禁短気(1711)一「是から口がほどけて来てしばらくの酒盛」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

解の関連情報

他サービスで検索

「解」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.