Rakuten infoseek

辞書

解毒作用【げどくさよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

解毒作用
げどくさよう
detoxication
生体内で有毒物質を無毒物質に変え,これを尿中に排出する作用。これを司る重要な器官肝臓で,グルクロン酸の肝臓における解毒作用では,結合の相手がのときエステル結合アルコールのときエーテル型グルコシド結合,スルフォンアミドのときアミノ基補酵素Aおよびアデノシン三リン酸の協力でアセチル化されて解毒する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

解毒作用」の用語解説はコトバンクが提供しています。

解毒作用の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.