Rakuten infoseek

辞書

解放【かいほう】

デジタル大辞泉

かい‐ほう〔‐ハウ〕【解放】
[名](スル)束縛(そくばく)されたり、制限されたりしているものを、ときはなして自由にすること。「貧困から解放される」「解放感」
[補説]書名別項。→解放

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かいほう【解放】[書名]
総合雑誌。大正8年(1919)創刊大正デモクラシーの流れにのって、社会主義的傾向を示した。大正12年(1923)終刊。1年後に再刊されたが、昭和8年(1933)ころ廃刊。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいほう【解放】
大正・昭和期の雑誌。(1)第1次 吉野作造,福田徳三らの黎明会同人を中心として,デモクラシー思想の普及のために1919年(大正8)6月大鐙閣から発行された総合雑誌創刊号の定価38銭。20年6月号から麻生久山名義鶴らが結成した解放社によって編集された。創刊号に〈宣言〉をかかげるなど,他の総合雑誌とは性格を異にし,労働問題,社会問題がとくに重視され,社会主義思想の影響を強く受けた。黎明会,新人会の会員が執筆したほか,荒畑寒村堺利彦山川均,山川菊栄などの社会主義者も毎号のように登場している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいほう【解放】
( 名 ) スル
からだや心の束縛や制限を取り除いて自由にすること。 「子育てから-される」 「奴隷-」 〔同音語の「開放」は制限したりせずに自由な出入りを許すこと、また、扉や窓などを開け放つことであるが、それに対して「解放」は心身の束縛を解いて自由にすることをいう〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かいほう【解放】
総合雑誌。1919年(大正8)創刊、23年廃刊。大正デモクラシー思潮の中で生まれた社会主義的傾向の雑誌。25年山崎今朝弥により再刊。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

解放
かいほう
第一次世界大戦直後のデモクラシー思潮を背景として創刊された総合雑誌の一つ。1919年(大正8)5月、大鐙閣(だいとうかく)から創刊。23年9月に終刊。総合雑誌として『改造』や『中央公論』よりも社会主義的で、吉野作造(さくぞう)や黎明(れいめい)会の福田徳三、東大新人会の赤松克麿(かつまろ)を中心として、佐野学(まなぶ)、堺利彦(さかいとしひこ)、石川三四郎らが登場。マルクス主義者とアナキストの呉越同舟である。創作欄は、小川未明(みめい)、宇野浩二、宮地嘉六(みやちかろく)らの初期プロレタリア文学系の創作・評論が主流。24年5月に再刊された第二次『解放』は、山崎今朝弥(けさや)、石川らによって編集されたが、第一次よりも急進的で、プロレタリア文学の舞台となり、葉山嘉樹(よしき)や平林たい子らが活躍した。第二次の廃刊時期は不明だが、32~33年(昭和7~8)ごろとされる。[松浦総三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐ほう ‥ハウ【解放】
[1] 〘名〙
① からだや心の束縛や制限などを除いて、自由にすること。開放。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉初「娼妓を解放して妓楼を廃し、其の名号を改めて、貸座舗と称す」 〔魏志‐趙儼伝〕
② 組織された人員を解いてばらばらにすること。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉四「奸賊会津中将等が〈略〉頓に攘夷御親征の御幸を解放(カイハウ)なせる条倶(とも)に天を戴くに忍びざるの仇敵なり」
③ 権力を打倒して人民が自由になること。政治革命。特に、中国で、中国共産党による革命をいう。
※招かれて見た中共(1956)〈橘善守〉百年河清を待たず「この全総傘下の組織労働者は、解放後の累増にもかかわらず、まだ千二百四十五万」
[2] 総合雑誌。第一次創刊は大正八年(一九一九)で、大鐙閣から発行。大正デモクラシー思潮を背景に社会主義的傾向を示す。同一二年終刊。全五二冊。プロレタリア文学の舞台となる。昭和八年(一九三三)頃終刊。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とき‐さ・く【解放】
〘他カ下二〙 解きはなつ。解きやる。ときほどく。ときあく。
※書紀(720)允恭八年二月・歌謡「ささらがた 錦の紐を 等気舎気(トキサケ)て 数(あまた)は寝ずに 唯一夜のみ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とき‐はな・す【解放】
〘他サ五(四)〙
① つながっているものや結ばれているものを、解いてはなればなれにする。ときはなつ。
※都会の憂鬱(1923)〈佐藤春夫〉「互に解き放し難いほど複雑にもつれ合ってゐるものである」
② 束縛を解いて自由にする。ときはなつ。〔羅葡日辞書(1595)〕
※面影(1969)〈芝木好子〉四「凍った自分を解き放そうとしてくるのである」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とき‐はな・つ【解放】
〘他タ五(四)〙
延喜式(927)祝詞「舳解放(ときはなち)・艫解放(ときはなち)て」
※義血侠血(1894)〈泉鏡花〉五「渠(かれ)は手早く一頭の馬を解放(トキハナ)ちて」
※春の城(1952)〈阿川弘之〉四「自分が何物からも解き放たれる日の近づいている」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

解放」の用語解説はコトバンクが提供しています。

解放の関連情報

他サービスで検索

「解放」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.