Rakuten infoseek

辞書

【かく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


かく
angle
(1) 平面図形に関して平面上の1点をOとし,Oから出る二つの半直線を,OA,OB とするとき,これらの半直線がつくる図形 AOB を角といい,記号 ∠AOB で表す。Oをその頂点,OA,OB を辺という。図形 AOB は平面を二つの部分に分けるから,∠AOB は同時に二つの角を表すとも考えられるが,普通はその一方だけをいう。角の内部とは,一方の半直線が他方の半直線を回転することによって得られたと考えたときの,その移動した部分をいい,それ以外の部分を角の外部という。 (2) 空間図形に関して直線と平面,平面と平面が交わる二つの場合がある。直線 l と平面πとが1点Oで交わると,Oを除いた l 上の任意の点Aからπに垂線をおろし,その足をBとする。このとき OAと OBがつくる図形 AOB を,l とπのつくる角という。普通,直線と平面の角というときは,平角 (180度) より小さい正の値について考える。次に,2平面π,π' の交線を l とし,l に垂直な平面とπ,π' との交線をそれぞれ mn とするとき,この mn の交角 AOB をπ,π' の角という。角の大きさは実用上は,1直角 ( 90 度) を細かく等分した単位,または直角の小数ではかるが,理論的な取り扱い,特に三角関数に対しては弧度法 (→ラジアン ) を用いることが多い。 (3) ベクトルに関して 二つのベクトル AB の間の角とは,AB の大きさをそれぞれ |A| ,|B| とおけば,内積によって cos θ=AB/|A|・|B| と定まる角 θ ( 0≦θ≦π ) をいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。


つの
horn
哺乳類の反芻類 (ウシ亜目) その他の頭部にある角質または骨質様突出物。通常1対あり攻撃や防御に使われる。およそ4種類に分けられる。ウシ,ヒツジ,シカなどでは前額骨の突起の角心を角質の角鞘が包む。シカ類の角は雄のみにあり分枝していて枝角と呼ばれるが,これは骨性の角心が皮膚に包まれて成長し,その後皮膚が脱落して角心が露出する。キリンでは短い角心が皮膚でおおわれている。奇蹄類のサイは1ないし2本の角をもつ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かく【角】
[名]
一点から出る二つの半直線がつくる図形。また、その開きの度合い。角度。「の大きさ」
四角なもの。方形。「ジャガイモをに切る」
断面が四角の長い材木や石材。角材。「三寸
将棋の駒の一。角行(かくぎょう)。
動物のつの。また、つので作った笛。つのぶえ。
「―ヲ吹ク」〈和英語林集成
紋所の名。角形を図案化したもの。
中国・日本音楽の階名の一。五声の第3音。
二十八宿の一。東方の第一宿。乙女座のスピカを含む。すぼし。角宿。
jiao中華人民共和国の補助通貨単位。1角は1の10分の1。チアオ。
10 《方形であるところから》一分金あるいは一分銀
「早々買ひ給へと一―投げ出せば」〈浮・胸算用・二〉
[形動][文][ナリ]四角なさま。
「紫檀の―な名刺入を置いて」〈漱石

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かく【角】[漢字項目]
[音]カク(呉)(漢) [訓]かど つの すみ
学習漢字]2年
〈カク〉
動物のつの。「角質牛角(ごかく)犀角(さいかく)触角一角獣
つののように先のとがったもの。物の先。「角帽圭角(けいかく)岬角(こうかく)折角頭角皮角
二直線が交わってできる図形。「角度鋭角四角視角頂角直角鈍角内角
四角。「角材角柱
活字一字分の枠。「全角倍角半角
すみ。わき。「一角口角
つの突き合わせて競争する。「角逐角力(かくりょく)
角力(すもう)。「角界好角家
〈つの(づの)〉「角笛菰角(こもづの)
〈かど〉「岩角一角(ひとかど)町角
[名のり]つぬ・ふさ
[難読]総角(あげまき)角子(みずら)角髪(みずら)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かど【角】
物のはしのとがって突き出た部分。「柱の」「机の
物の隅。「ページのを折る」
道の曲がり目の所。「の銀行」
人の性格・言動で、一癖あって、他人との付き合いが滑らかにいかないようなところ。圭角(けいかく)。「言うことにがある」
刀剣の峰に沿って小高くなっている部分。しのぎ。一説に、切っ先。
「焼き太刀の―打ち放ち丈夫(ますらを)の寿(ほ)く豊御酒(とよみき)に我酔ひにけり」〈・九八九〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つの【角】
動物の頭部に突き出た、堅い骨質や角質のもの。「牡鹿(おじか)の
物の表面などに突き出ているもの。とがったもの。「かたつむりの
その形相が角を生やした鬼に似るとして、女性の嫉妬心(しっとしん)や怒りなどを、角のある状態にたとえる語。
紋所の名。1の形を図案化したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チアオ【角】
《〈中国語〉》⇒かく(角)9

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かく【角 angle】
平面上に同一の端点をもつ二つの半直線が与えられたとき,平面はこれらの半直線によって二分されるが,これらの部分のおのおのを半直線上の点も含めて角という。端点を角の頂点,半直線を角の辺といい,角からその辺を除いた部分を角の内部,平面から角を除いた部分を角の外部という。二つの辺が1直線上にあって反対を向いているとき,生ずる角はこの直線の片側となるが,これを平角という。平角より大きい角を優角,小さい角を劣角という(図1)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

つの【角 horn】
有蹄類などの哺乳類の頭部に生ずる,角質または骨質の硬くて細長い突出物で,攻撃,防御などに用いられることが多いが,二次性徴と思われるものもある。中実角(ちゆうじつづの),洞角(ほらづの),枝角(えだづの)に大別できる。中実角はサイ類に見られる,中に空洞も骨質の芯もない角で,毛状の繊維(毛ではない)が固まってできていて,絶えず成長する。鼻骨ときに前頭骨の上面正中線にあたる部分に,雄雌とも1~2本生じ,一般に雄の角のほうが大きい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

かど【角】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かく【角】
[2][1] ( 名 ・形動 )
四角。方形。また、四角なさま。 「 -に切る」 「紫檀の-な名刺入/門 漱石
[1][2] 〔angle〕 〘数〙 一点から出る二本の半直線で作られる図形。また、その開き方の度合。角度。
[2][0] 将棋の駒の一。角行かくぎよう。 「飛車-なしで勝つ」
つので作った笛。中国から伝わり、古く軍陣で用いた。つのぶえ。
中国・日本の音楽理論でいう五音ごいんのうち、低い方から数えて三番目の音。 → 五音
二十八宿の一。東方の星宿。角宿。すぼし。
紋の輪郭として使われる正方形。平角・隅入角など。
鉸具かこ」に同じ。
( 接尾 )
助数詞。
一分金、または一分銀を数えるのに用いる。 「今時のこんがうに弐-づつとらしても/浮世草子・男色大鑑 5
中国の貨幣単位の一。一元は一〇角。一角は一〇分。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かど【角】
二つの線や面が出合って生じるとがった部分。
物の端の外側に突き出した部分。 「柱の-」
物の隅。
道の折れ曲がっている所。まがりかど。 「 -の店」
円満でなくとげとげしい性質。圭角けいかく。 「 -のある言い方」
刀剣の、峰の厚くなっている部分。しのぎ。または、切っ先。
目に立つ所。見るべき点。 「面白き-を少な少なと見せて/花鏡」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つの【角】
動物の頭部に長く突き出ている骨質または角質の硬い突起。 「水牛の-」 「 -製のパイプ」
物の表面または頭上の突起物。 「かたつむりが-を出す」
婦人の嫉妬しつとや怒りのたとえ。 「さすがのまま母の-もぽつきり折て/おらが春」 → 角を生やす
家紋の一。角の形を図案化したもの。枝角と袋角がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

角 (カド)
動物。ニシンの地方名

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かく【角】
[1] 〘名〙
動物の頭上に生ずる固い突起物。つの。〔易経‐大壮〕
② つのの形をしたものの名称。
(イ) つので作った笛、またはその形をした笛。中国から伝わり、古く戦陣で用いた。和訓では大角を「はらのふえ」、小角を「くだのふえ」という。つのぶえ。
※令義解(718)軍防「凡軍団。各置鼓二面。大角二口。少角四口
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)一「つつみをうち、角(カク)(はい)をふき」 〔北史‐斉宗室諸王伝下・文襄諸子・安徳王延宗〕
(ロ) 髪型の一種。あげまき。つのまき。〔礼記‐内則〕
(ハ) 中国古代からの銅製の酒器。爵(しゃく)の一種で、約四升(約七リットル)を入れる。〔譬喩尽(1786)〕〔儀礼‐特牲饋食礼〕
③ (形動) 四角なさま。また、四角なもの。方形。
※日葡辞書(1603‐04)「Cacu(カク)ナ〈訳〉四角なもの、または角のあるもの」
※妻木(1904‐06)〈松瀬青々〉冬「角に切て縄でさげ行鯨哉」
④ 柱や桁(けた)に用いる材木で、丸木の四方を削り、または大木を挽き割って四角に造材した長木をいう。角材。
※俳諧・続猿蓑(1698)上「禅寺に一日あそぶ砂の上〈里圃〉 槻(けやき)の角のはてぬ貫穴〈馬莧〉」
⑤ (「鉸具(かく)」のあて字) ⇒かこ(鉸具)
⑥ 活字の角柱部の横断面の大きさ。
⑦ (方形をした貨幣であるところから) 一分金、または一分銀。
※洒落本・傾城買指南所(1778)「此せつ、かくぶっばらって、女郎かひはならぬ事なり」
※日葡辞書(1603‐04)「Cacu(カク)〈訳〉サカヅキを載せる四角な薄板」
⑨ 将棋の駒の一つ。角行(かくぎょう)
※咄本・鹿の巻筆(1686)一「角はきりんのいかりあれば竜馬となる」
⑩ (「格」とも書く) 鉄砲の的(まと)の中心部。角形につくる。
※翁問答(1650)下「かくをもうちはづすばかりなり」
紋所の名。角形を用いて作ったもの。隅入角、隅切角、平角、折入角等の種類がある。
⑫ 数学用語。
(イ) 一点から出る二つの半直線ないしは線分のつくる図形。一方が半直線で他方が線分であってもよい。その点を角の頂点、それらの半直線ないしは線分をその辺という。
(ロ) 二つの直線が交わってできる四つのかどの、もとの二直線に対する称。
(ハ) 直線が平面と交わっているとき、その直線のその平面への正射影ともとの直線とがつくるかどの、もとの直線と平面とに対する称。
(ニ) 二平面が交わっているとき、その交わりの直線に垂直な平面と二平面との交わりとしてできる二直線のなすかどの、もとの二平面に対する称。
⑬ 東洋音楽で、五音階の一つ。第三番目の音。→五音(ごいん)
※古今著聞集(1254)六「管絃のおこり、その伝はれる事久し。〈略〉宮・商・角・徴・羽の五音あり」 〔礼記注‐月令〕
⑭ 川船の敷船梁(しきふなばり)を押える当木(あてぎ)。ねこ。〔和漢船用集(1766)〕
[2] 〘接尾〙 一分金、または一分銀を数えるのに用いる。
※浮世草子・男色大鑑(1687)五「今時のこんがうに弐角(にカク)づつとらしても、さのみうれしがる㒵つきもせず」
[3] 星の名。二十八星宿の一つ。星の東方第一宮。乙女座のスピカを含む。すぼし。
※制度通(1724)一「角・亢・氐・房・心・尾・箕の七星、いつにても是を東方の七宿と云」 〔楚辞‐天問〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かく‐・い【角】
〘形口〙 かく・し 〘形ク〙 四角なさま。角ばっているさま。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「真鍮板に縦横の方眼(カクキあな)を雕(ほ)り」
※銃後(1913)〈桜井忠温〉三〇「小銃弾が、其の窓の周囲を刳り取って角(カク)い窓が形も何にもなくなってしまひ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かく‐・し【角】
〘形ク〙 ⇒かくい(角)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かく‐・す【角】
〘他サ変〙
① くらべる。較す。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「皆大国の美観なれども、其力量を角せば、遂に一頭地を出すべし」
② 優劣をきそう。あらそう。較す。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一一「蓋し我と力を角(〈注〉アラソフ)するものは、我精神を強し、我練熟を助くるものなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つぬ【角】
〘名〙 (現在「の」の甲類万葉仮名とされている「怒・努・弩」などを「ぬ」と読んだところからできた語) =つの(角)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つの【角】
〘名〙
① 特に反芻類などの動物の頭上にある堅い角質または骨質の突出物。主に攻撃や防衛に用いる。雄性の性徴であることも多い。鬼・雷神などにも生えているという。
※書紀(720)雄略即位前(前田本訓)「今近江の来(く)田綿(わた)蚊屋(かや)野に猪(ゐ)鹿多(さは)に有(あ)り。其の戴(ささけたる)(ツノ)、枯樹の末(えた)に類(に)たり」
② 動物や昆虫などの頭部にある触角などの突起物。また、一般に、物の上または表面に突起したもの。
※神楽歌(9C後)小前張・蟋蟀「蟋蟀の 妬さ慨さ や 御園生に参りて 木の根を掘り食むで おさまさ 津乃(ツノ)折れぬ おさまさ おさまさ 津乃(ツノ)折れぬ」
※義経記(室町中か)五「草摺を臥木のつのに引掛けて、真逆様にどうど転び」
③ 冠の巾子(こじ)と髻(もとどり)をつき通すもの。かんざし。
※元和本下学集(1617)「角 ツノ 冠
④ 「つのぶえ(角笛)」の略。
※今昔(1120頃か)六「酉時に至て、皷打ち、角を吹く」
⑤ (その形相が角をはやした鬼に似るところから) 女の嫉妬。また、怒り。いきどおり。
※浄瑠璃・丹波与作待夜の小室節(1707頃)中「旦那殿の苦い顔は日比生へたつのにまたがさかふぞなふ怖や」
⑥ 釣漁具の一つ。烏賊(いか)・鰹(かつお)などを釣る時に用いる、鹿・牛・山羊の角や牛馬の蹄(ひづめ)などでつくった擬餌針。
⑦ 「つのがき(角書)」の略。
⑧ 紋所の名。角の形を図案化したもので抱き角・六つ角・違い角など種々ある。
⑨ 張形(はりかた)の異称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

角の関連情報

他サービスで検索

「角」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.