Rakuten infoseek

辞書

角髪【ツノガミ】

デジタル大辞泉

つの‐がみ【角髪】
揚巻(あげまき)」に同じ。
江戸時代、元服前の少年が結った角前髪(すみまえがみ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

び‐ずら〔‐づら〕【角髪】
みずら」に同じ。
「うつくしげなる童の、―ゆひたるが」〈宇治拾遺・一〇〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

びん‐ずら〔‐づら〕【角髪】
《「みずら(髪)」の音変化》
みずら」に同じ。
髪の毛。
「雲の―、花の顔(かんばせ)」〈謡・楊貴妃

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み‐ずら〔‐づら〕【角髪/角子/×鬟/×髻】
上代の成人男子のの結い方。髪を頭の中央から左右に分け、両耳の辺りで先を輪にして緒で結んだもの。平安時代以後、主として少年の髪形となった。びんずら。びずら。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

つのがみ【角髪】
角前髪すみまえがみのこと。 「まだ十七の-や二つ巴の定紋に大小/浄瑠璃・忠臣蔵」
総角あげまき」に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

びずら【角髪】
みずら(角髪)」に同じ。 「 -引きみだり/大鏡 道兼

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

びんずら【角髪】
みずら(角髪)」に同じ。 「 -結うたる童子一人来て/太平記 5
髪の毛のこと。 「雲の-、花の顔ばせ/謡曲・楊貴妃」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つの‐がみ【角髪】
〘名〙
上代の幼童の髪の結い方の名。髪を中央から左右に分け、両耳の上で丸く結ったもの。また、その髪に結った子ども。総角(あげまき)。〔字鏡集(1245)〕
② 江戸時代、元服前の少年が結った角前(すみまえがみ)のこと。
※狂歌・狂歌乗合船(1730)「祭とて鍛冶の小坊主つの髪に出立った体(なり)は鉄唐子哉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

び‐ずら ‥づら【角髪】
〘名〙 (「みずら(角髪)」の変化した語) 中古、少年の髪の結い方の一つ。髪を真中から左右に分けて耳の辺りで輪形に束ねたもの。びんずら。
※宇津保(970‐999頃)春日詣「うなゐはびづら結ひて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

角髪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

角髪の関連情報

他サービスで検索

「角髪」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.