Rakuten infoseek

辞書

角柱【かくちゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

角柱
かくちゅう
prism
柱体の一つであって,底面多角形であるものをいう。底面が三角形ならば三角柱四角形であれば四角柱,一般に n 角形のときは nという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かく‐ちゅう【角柱】
二つの合同な多角形が平行し、他の面がすべて平行四辺形である多面体。角壔(かくとう)。
四角い柱。かくばしら

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かく‐ばしら【角柱】
四角な柱。
別名

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かくちゅう【角柱 prism】
空間内に一つの多角形とその多角形の平面に平行でない一つの直線が与えられたとき,多角形を直線に沿って平行に移動していくことにより得られる立体図形を角柱という。はじめの多角形と移動の最後に現れる多角形とを底面,両底面間の距離を高さ,はじめの多角形の各辺の平行移動によってできる平行四辺形を側面,側面の交線を側辺または側稜という。底面がn角形である角柱をn角柱,底面と側面が直交する角柱を直角柱,底面が正n角形である直角柱を正n角柱という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

かくばしら【角柱】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かくちゅう【角柱】
かくばしら(角柱)」に同じ。
〘数〙 〔prism〕 二つの合同でかつ平行な多角形(底面)の面をもち、他の面がすべて平行四辺形(側面)であるような立体。特に、側面がすべて長方形であるとき、直角柱といい、それ以外の角柱を斜角柱という。角壔かくとう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かくばしら【角柱】
断面が四角(または角形)な柱。かくちゅう。 ⇔ 丸柱
竹の異名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

角柱
かくちゅう
平行な2平面α、βとそれらに交わる直線l、およびα上の多角形Pがあるとき、Pの任意の点を通ってlに平行な直線の全体のつくる立体のαとβの間にある部分を角柱(斜角柱)という。このとき、多角形Pを底面、底面でない面を側面という。また、平行2平面α、βの距離を高さといい、底面の面積がS、高さがhの角柱の体積はV=Shである。底面が三角形、四角形、多角形であるのに応じて、三角柱、四角柱、多角柱という。多角柱はまた、平面α上の多角形がαに交わる直線の方向に平行移動してできる立体にもなっている。底面が平行四辺形の四角柱を平行六面体という。平行六面体は3組の平行な2平面で囲まれた立体ともいえる。その面はすべて平行四辺形である。角柱で、前に示した平面αと直線lが垂直のとき、これを直角柱といい、底面が正多角形の直角柱を正角柱という。底面が長方形の直角柱を直方体という。直方体は平行六面体の特殊な場合で、すべての面が長方形である。とくに、すべての面が正方形の場合の直方体を立方体という。[栗田 稔]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

角柱 (カクバシラ・カコバシラ)
植物。イネ科タケササ類で大形の竹の総称。タケの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かく‐ちゅう【角柱】
〘名〙
① 底面が多角形である柱体。多角形の辺数によって三角柱、四角柱などといい、側面が底面に垂直であるときを直角柱、垂直でないときを斜角柱という。角壔(かくとう)
断面が四角形、またはそれに近い形の柱。かくばしら。⇔円柱
日本風景論(1894)〈志賀重昂〉四「其のバザルト石なるものの角柱数千万より湊成するを識り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かく‐ばしら【角柱】
〘名〙
① 断面が四角形またはそれに近い形をしている柱。かくちゅう。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 植物「たけ(竹)」の異称。
※和歌呉竹集(1795)三「かくはしら 竹をいへり。よとともに聞くぞ悲しき角はしらたゆまずふれる雪折れの声」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

角柱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

角柱の関連情報

他サービスで検索

「角柱」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.