Rakuten infoseek

辞書

角書(き)【ツノガキ】

デジタル大辞泉

つの‐がき【角書(き)】
浄瑠璃の名題(なだい)、歌舞伎外題(げだい)、書物題名などの上に、その主題や内容を示す文字を2行または数行に割って書いたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つのがき【角書】
浄瑠璃や歌舞伎の外題(名題)や書物の題名の上に付された割書をいう。角外題とも。《伝奇作書》に〈角外題とは大外題の肩に書を云 割外題とは大外題の脇に書をいふ〉とあり,〈傾/城〉と割書したものも〈角外題〉と称しているが,しだいに長くなる傾向がみられる。《清水/観音 利生物語》(1678。人形浄瑠璃),《丹前/好色 鎌倉五人女》(1682。歌舞伎)などが早い例。長いものには《四海を呑込軍法に子守謳の凱歌/雌雄をあらそふ軍中に郭公鳥の歌合 比良御陣雪升形(めいしよごじんゆきのますがた)》(1798。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

角書
つのがき
浄瑠璃(じょうるり)、歌舞伎(かぶき)の名題(なだい)(外題(げだい))や書物の題名の上に、その内容や主題を示す文句、あるいは男女の名を、二行に割って書いてあるものをいう。たいていは対句(ついく)になっている。浄瑠璃では1711年(正徳1)の『忠兵衛/梅川 冥途(めいど)の飛脚(ひきゃく)』、1715年の『父は唐土/母は日本 国性爺合戦(こくせんやかっせん)』、歌舞伎では1701年(元禄14)の『浅黄(げき)/黒小袖 兵根元曽我(つわものごんげんそが)』が古い例である。幕末の歌舞伎について記した『伝奇作書』には「角外題とは大外題の肩に書くを云(いい)、割外題とは大外題の脇(わき)に書くをいふ」とある。ほかに『東海/道中 膝栗毛(ひざくりげ)』『牛店/雑談 安愚楽鍋(あぐらなべ)』など。[山本二郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つの‐がき【角書】
〘名〙 浄瑠璃の名題(なだい)・歌舞伎の外題(げだい)・草子類の題名や書名などの上に、二行割、また、数行に割って書かれた文字。内容を示したり簡単な説明を示す。角。
※冷笑(1909‐10)〈永井荷風〉一三「まるで戯作の序書(はしがき)か狂言の角書(ツノガキ)のやうなずるずる引掛けた昔の修辞法で」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

角書(き)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

角書(き)の関連情報

他サービスで検索

「角書(き)」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.