Rakuten infoseek

辞書

【カン】

デジタル大辞泉

かん〔クワン〕【観】
外から見たようすや感じ。外見。「別人のがある」
仏語真理を観じること。物事を細心に分別して観察し、道理を悟ること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん【観〔觀〕】[漢字項目]
[音]カン(クヮン)(呉)(漢) [訓]みる みせる
学習漢字]4年
対象を眺めて見る。見渡す。見物する。「観客観劇観光観梅観覧参観拝観傍観
物事を念入りに見る。「観察観測
物事を見て、意味や本質をとらえる。考える。「観照観念客観主観達観直観諦観(ていかん)悲観
人に示す。見せる。「観兵式展観
目に見える様子・眺め。「偉観外観奇観景観盛観壮観美観
物の見方・考え方。「史観厭世観人生観先入観
物見台。「楼観
道教の寺。「寺観道観
[名のり]あき・しめす・まろ・み

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かん【観】
目に映った印象。物事の様子・状態。 「別人の-がある」 「侵すべからざる如き-ある処の外科室/外科室 鏡花
〘仏〙 特定の想念や心の本性などを心の中で観察し、仏教の真理に達する方法。 → 止観
接尾語的に用いて、…に対する考え方・見方などの意を表す。 「人生-」 「歴史-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん クヮン【観】
〘名〙
① 外から見えること。また、見えたもの。外見。または、見えた時の感じ。様子。状態。ありさま。おもむき。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉四「従来外国人の移住を禁し、其他自由交易に障礙を与へたる苛禁を蠲除してより、頓に其観を改めたりと云」
② (見る所であるところから) たかどの。ものみ。楼台。
※十巻本和名抄(934頃)三「観 釈名云観〈音貫 嵯峨有栖霞観〉於上観望也」
③ 道士なかまのいる建物。道宮。
※魚玄機(1915)〈森鴎外〉「道教に観(クヮン)があるのは、仏教に寺があるのと同じ事で」
④ 仏語。物事を細心に分別し、観察すること。また、心中で深くみきわめて、ものの本質を悟ること。
※栄花(1028‐92頃)玉のうてな「観無量寿経の十六の観思ひ出でられてよそへられ給」
⑤ 易の六十四卦の一つ。
江戸繁昌記(1832‐36)初「二分四揲、観の否に之くに遇ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん・じる クヮンじる【観】
〘他ザ上一〙 =かんずる(観)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん‐・ず クヮン‥【観】
〘他サ変〙 ⇒かんずる(観)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん‐・ずる クヮン‥【観】
〘他サ変〙 くゎん・ず 〘他サ変〙
① 仏語。心静かに対象を観察し、真実を悟る。
※性霊集‐二(835頃)沙門勝道歴山水瑩玄珠碑「観花蔵於心海、念実相於眉山
※延慶本平家(1309‐10)二中「閑かに生死無常の哀傷を観じ給て」
② よくよく考える。心深く思い見る。
御伽草子・物くさ太郎(室町末)「わが身をくんじて思ふやう」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

観の関連情報

他サービスで検索

「観」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.