Rakuten infoseek

辞書

観音【カンノン】

デジタル大辞泉

かんのん〔クワンオン〕【観音】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんのん【観音】
観世音の略称慈悲を徳とし,最も広く信仰される菩薩。阿弥陀仏の脇侍としてのほかに,単独でも信仰の対象となる。標準的な姿の聖(正)観音のほかに異形の観音が多い。観音の起源にはヒンドゥー教のシバ神の影響が考えられる。クシャーナ朝時代の貨幣にシバ神の像が打刻されているが,その像にオエショOeshoという神名が刻まれている。オエショはおそらくサンスクリット語イーシャĪśaのなまりで,イーシャは〈主〉を意味し,シバ神の異称となっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんのん【観音】
かんおんの連声 「観世音かんぜおん」の略。 → 観世音菩薩かんぜおんぼさつ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐のん クヮンオン【観音】
(Avalokiteśvara の訳語。「かんぜおん(観世音)」の略。「かんおん」の連声)
[1] 仏語。菩薩の一つ。世の衆生がその名を唱える音声を観じて、大慈大悲を垂れ、解脱を得させるという菩薩。また、勢至菩薩と共に、阿彌陀如来の脇侍。普通、勢至がその宝冠の中に宝瓶をつけるのに対し、化仏をつける。諸菩薩のうち最も広く崇拝される。その形の異なるに従い、聖観音、千手観音、十一面観音、不空羂索観音、馬頭観音、如意輪観音などの名称があるが、普通には聖観音をさす。楊柳、魚籃(ぎょらん)などの三十三観音もある。観音菩薩。観音薩埵(かんのんさった)。観自在。観自在菩薩。観世自在。観世自在菩薩。観世音菩薩。観世音。
※霊異記(810‐824)上「心に観音を念ずるに」
※源氏(1001‐14頃)夢浮橋「くゎんをんのたまへると喜び思ひて」
[2] 〘名〙
① 観音を本尊としている寺。特に、東京浅草の浅草寺(せんそうじ)をいう。
※俳諧・末若葉(1697)下「観音のいらがみやりつ花の雲〈芭蕉〉」
※黄表紙・御存商売物(1782)中「くゎんおんへ参詣する」
③ (頭部の近くに、足がかたまって生えているシラミの姿が、千手観音の姿に似ているところから) シラミの俗称。観世音。かんのんさま。
※雑俳・柳多留‐七三(1821)「観音を大きくおがむ虫めがね」
④ 女陰をいう。かんのんさま。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉初「絃妓の転じて而して紅幕を開き、微に観音の顔を露す者有り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん‐おん クヮン‥【観音】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

観音
かんのん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

観音」の用語解説はコトバンクが提供しています。

観音の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.