Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

観音開【かんのんびらき】

精選版 日本国語大辞典

かんのん‐びらき クヮンオン‥【観音開】
〘名〙
① 扉の一種。観音をおさめる厨子の戸をまねて、左右の扉を中央で合わせるように作った戸。仏壇、倉、門などに多く用いられる。
※落語・女丈夫(1892)〈禽語楼小さん〉「金蔵(かねぐら)の観音開きの前へ薙刀をドッカリ突き」
② 俳諧連句の三句の運びで、中の一句をはさんで、その前後の句の趣向が似ること。同意の句が前句をはさんで、左右にできるところからいい、進展がないために嫌われる。扉付(とびらづけ)。かんのん。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

観音開」の用語解説はコトバンクが提供しています。

観音開の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.