Rakuten infoseek

辞書

観菊会【かんぎくかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

観菊会
かんぎくかい
天皇主催の菊花観賞会。 1880年から毎年 11月中旬頃,浜離宮新宿御苑などで内外使臣を招いて行われたが,1937年日中戦争以来観桜会とともに廃止された。しかし 53年皇室園遊会として復活し,55年からは新宿御苑で行われている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんぎく‐かい〔クワンギククワイ〕【観菊会】
毎年11月、東京の新宿御苑天皇皇后が臨席して催された観菊行事。昭和12年(1937)廃止されたが、昭和28年(1953)以降、皇室園遊会として復活。観菊御宴。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かんぎくかい【観菊会】
もと毎年11月、天皇主催で行われた観菊の会。1937年(昭和12)廃止。観菊御宴ぎよえん

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

観菊会
かんぎくかい
第二次世界大戦前に天皇主催で行われた菊花観賞の行事で、毎年11月(日は不定)に開催。観菊御宴ともいう。1880年(明治13)11月に赤坂離宮で催されたのを初めとし、以後年中行事となる。西洋のガーデン・パーティーをモデルとした立食形式の宴で、皇室外交による条約改正促進の意図をももっていた。出席者は皇族、外国公使、来航中の各国軍艦の艦長などで、最初は夫人や家族を同伴した。モースの『日本その日その日』やピエール・ロチの『秋の日本』にも記述がある。1929年(昭和4)からは新宿御苑(ぎょえん)で行われ、37年に日中戦争のため廃止されたが、53年(昭和28)以降皇室園遊会として復活した。[山内まみ]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

観菊会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

観菊会の関連情報

関連キーワード

紙幣整理チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)ロダンブラウン地獄の門明治維新オランダ文学オーストラリア・ニュージーランド文学ソロビヨフ(Vladimir Sergeevich Solov'yov)ゾラ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.