Rakuten infoseek

辞書

観照【カンショウ】

デジタル大辞泉

かん‐しょう〔クワンセウ〕【観照】
[名](スル)
主観をまじえないで物事を冷静に観察して、意味を明らかに知ること。
「僕は単に存在するものをそのままの状態で―して」〈島木健作・続生活の探求
美学で、対象の美を直接的に感じ取ること。美の直観

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かんしょう【観照】
スル
主観を交えず、対象のあるがままの姿を眺めること。冷静な心で対象に向かい、その本質をとらえること。 人生を-する観想
美学で、美を直観的に受容すること。自然観照と芸術観照とがある。 → 静観鑑賞補説欄

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐しょう クヮンセウ【観照】
〘名〙
① 仏語。真実の智慧を働かせて、個々の事物やその理法を明らかに洞察すること。
※異制庭訓往来(14C中)「菩薩行門何非度生之助品。薩婆若海何非観照之光明」 〔般若心経略疏〕
② 転じて、主観をまじえないで、冷静に現実をみつめること。
※桐の花(1913)〈北原白秋〉感覚の小函「私はただ静かに自分自身の心を観照して」
③ 美学で、美を直接的に認識すること。美意識の知的側面の作用を表わす概念。
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生とその兄弟「すぐれた芸術家はその蜜の甘露にぢかに溺れちまはないで、おのづとそれを自分の強い観照で漉すのだな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

観照」の用語解説はコトバンクが提供しています。

観照の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.