Rakuten infoseek

辞書

観念論【かんねんろん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

観念論
かんねんろん
idealism
idéalisteという言葉が最初に使われたのは,1702年 G.ライプニッツがエピクロスとプラトンとを比較して,前者を matérialiste,後者を idéalisteと区別したときである。百科全書派の D.ディドロは 49年 idéalisteとして G.バークリーをあげているが,それはバークリーが感性的世界の実在性を否定しているからであり,実在論と極端に対立している点で物質非存在論ないし主観的観念論といえよう。その後の観念論の歩みとしては,名目的観念論 (D.ヒューム) ,感覚的観念論 (E.コンディヤック) ,懐疑的観念論 (デカルト) などがあげられるが,18世紀後半カントによって従来の経験的あるいは独断的観念論が批判され,超越論的ないし先験的観念論が樹立された。カント以後,観念論はドイツにおいていわゆるドイツ観念論として展開され,主観的観念論 (J.フィヒテ) ,客観的観念論 (F.シェリング) ,絶対的観念論 (ヘーゲル) が次々に出た。ヘーゲル以降も観念論は J.ヘルバルト,R.ロッツェ,W.ブントらに継承され,また倫理,美学,宗教など隣接諸領域にもそれぞれの観念論が出た。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんねん‐ろん〔クワンネン‐〕【観念論】
精神的なものと物質との関係において、精神的なものの側に原理的根源性を置く哲学説。プラトン客観的観念論バークリー主観的観念論カント先験的観念論ヘーゲル絶対的観念論などがある。アイデアリズム。→実在論唯心論唯物論
現実に基づかず、頭の中だけで作り出した考え。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんねんろん【観念論 idealism】
観念を原理とする哲学上の立場。実在論,唯物論,現実主義に対立する。明治10年代,《哲学字彙》では,ideaの訳語に仏教用語の観念を当て,idealismは唯心論と訳したが,idealismを観念論と訳すのは明治10年代の後半,とりわけ30年代からである。この観念という訳語は(1)客観的実在としての形相すなわちイデア,(2)主観的表象としての想念,概念,考えすなわちアイディアないし観念,(3)理性の把握しうる概念すなわちイデーないし理念,(4)現実に対するアイディアルすなわち理想などを包括しており,これに応じて観念論も客観的観念論,主観的観念論,理想主義に大別しうる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんねんろん【観念論】
物質ではなく観念的なもの(イデア・理念・意識など)が根本的本質だとする考え方。生滅変転の現象界に対し永劫不変のイデア界の優位を主張するプラトンの客観的観念論、近代では物の存在を知覚に解消しようとするバークリーの主観的観念論、経験的世界は超個人的な超越論的主観により構成されるとするカントの超越論的観念論など多様に存在する。「観念論」は主として認識論上の語で、倫理的な局面では「理想主義」と称する。また、存在論・世界観上は別に「唯心論」の語を与えることもある。アイディアリズム。 → 実在論唯物論

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

観念論
かんねんろん
idealism英語
idalismeフランス語
Idealismusドイツ語
理論的にせよ実践的にせよ、観念あるいは観念的なものを実在的あるいは物質的なものに優先するとみなす立場を観念論といい、実在論あるいは唯物論に対立する用語として使われる。[坂部 恵]

用語法の成立とその背景

観念論者idealistの語が最初に用いられたのは、17世紀末のライプニッツの一書簡においてであるといわれるが、ここでは、この語は、唯物論者であるエピクロスに対してプラトンを形容する語として導入されている。すなわち、物質を実在とするエピクロスに対して、イデアないし形相を真の実在とし、事物の本質規定とみなすプラトンの立場が観念論的なものとみなされたのである。しかし、中世このかた、こうしたプラトン主義の立場は、唯名論との対比において実在論とよばれたり、あるいは形相論として特徴づけられるのが一般であり、観念論の用語は、むしろ、観念を意識内容ないし表象とみなす中世末期の唯名論から、近世哲学での新たな人間中心的認識論の登場による時代の問題状況の変化に伴って、その影響を少なくとも暗に受けつつ、導入されてきたとみることができるであろう。事実、これ以後、観念論の用語は、人間の心の内の観念と区別された外界あるいは物質的世界の実在を認めるか認めないかをつねに一つのめどとして使われるようになるのである。[坂部 恵]

主観的観念論

有名な「存在するとは知覚されること」という命題に集約されるように、外界ないし物質的世界の実在を否定して、人間のすべての認識の働きを心の内の観念に還元したバークリーの立場が、18世紀においては、しばしば、観念論を代表するものとみなされ、少なからぬ場合、さまざまな批判の対象ともなった。バークリーの立場は、前記のような主張をとりわけて取り出していえば、主観的観念論としていちおう類型化することができる。しかし彼は、一方で、人間個々人の主観のみならず、普遍的な神の心への観念の現前というマルブランシュにも通じる思考のモチーフをもあわせもっていたのであり、この点では、むしろプラトン主義の正統に直結する要素をあわせ考えるのが妥当であろう。むしろ、世界のすべてを「生への暗い意志」の生み出す表象にほかならぬとした、後のショーペンハウアーの哲学のほうが、ある意味では主観的観念論の名にふさわしい。[坂部 恵]

超越論的・批判的観念論

カントは、外界ないし物質的世界としての自然を、空間・時間、純粋悟性概念(カテゴリー)など、人間の認識主観のア・プリオリ(先天的)な認識の諸形式に従って構成され、その限りでは客観的妥当性をもつ「現象」とみなす超越論的観念論の立場を打ち出して、近世観念論の展開に一時期を画した。これは、近世の厳密学としての数学的自然科学の普遍性を救いつつ、その認識の有効性の範囲を批判的に限定する意図から出たものであり、「現象」の背後に「物自体」を想定し、あるいは「超越論的観念論は経験的実在論にほかならない」とするなど、バークリーの観念論とは一線を画するものである。[坂部 恵]

倫理的観念論、美的観念論、絶対的観念論

カントの「物自体」の考えを批判し、むしろ彼の唱道した実践的・自律的主体としての人間を宇宙そのものの展開の根本原理としての「自我」にまで高めたフィヒテの立場は、主体の自発性、自律、自由を重んずるゆえに倫理的観念論として特徴づけられる。また、同じく、カントの有限主義を捨てて、美的創造や美的直観に自然世界の展開の究極をみたシェリングの立場は、美的観念論の名にふさわしい。さらに、自然的、歴史的を含めた世界の展開を観念あるいは絶対的精神の弁証法的自己展開とみなすヘーゲルの立場は、ときに絶対的観念論の名でよばれる。以上3人の哲学者によって展開された「ドイツ観念論」の哲学においては、「観念」のもつプラトン以来の原型ないし規範の意味がいずれも強く表面に出されており、観念論は、ここでは理想主義の訳語をあてられることがまれではない。[坂部 恵]

観念論への批判とその意味

近世以降の観念論は、つねに実証科学の展開と結び付いた唯物論と対抗関係に置かれてきた。19世紀の実証主義的・科学主義的唯物論、マルクス主義の弁証法的唯物論などが観念論批判の主要な潮流であった。確かに、観念論はそれが極端に走りすぎた場合、ともすれば現実についての知識を歪曲(わいきょく)し、あるいはそれに対して故意に目を閉ざすといった反動的役回りをさまざまなレベルで演じる傾向をもっている。とはいえ、人間が自由と自発性をもって未来に向かって開かれた動物である以上、なんらかの形での観念論的なものとのかかわりなしには生きることはありえないであろう。[坂部 恵]
『斎藤忍随著『人類の知的遺産7 プラトン』(1982・講談社) ▽バークリー著、大槻春彦訳『人知原理論』(岩波文庫) ▽カント著、篠田英雄訳『純粋理性批判』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんねん‐ろん クヮンネン‥【観念論】
〘名〙
① 物質または自然に対して、精神または意識のほうをより根源的な原理として考える立場。プラトンのイデア説をはじめ、近世ではバークリーの主観的観念論、カントの批判的・超越論的観念論、フィヒテの倫理的・主観的観念論、シェリングの美的観念論、ヘーゲルの絶対的観念論などがある。唯心論。→唯物論。〔普通術語辞彙(1905)〕
② 現実ばなれした、頭の中だけでつくり出された考え。理想論。
※文化と政治(1941)〈津久井龍雄〉文化について「観念論の鉢合せによる無用の犠牲を出すことは、厳に戒められねばならないのではないか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

観念論」の用語解説はコトバンクが提供しています。

観念論の関連情報

関連キーワード

ブルトン

他サービスで検索

「観念論」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.