Rakuten infoseek

辞書

観応【カンオウ】

デジタル大辞泉

かんおう〔クワンオウ〕【観応】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんのう〔クワンオウ〕【観応】
《「かんおう」の連声(れんじょう)南北朝時代北朝崇光(すこう)天皇の時の年号。1350年2月27日~1352年9月27日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かんおう【観応】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんのう【観応】
南北朝時代、北朝の年号(1350.2.27~1352.9.27)。貞和の後、文和の前。崇光すこう天皇の代。かんおう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

かんおう【観応】
⇒観応(かんのう)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんのう【観応】
日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1350年から1352年まで、崇光(すこう)天皇の代の北朝が使用した元号。前元号は貞和(じょうわ)。次元号は文和(ぶんな)。1350年(貞和6)2月27日改元。崇光天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『荘子(そうじ)』を出典とする命名。観応年間の南朝の天皇は後村上(ごむらかみ)天皇。南朝では正平(しょうへい)(1346~1370年)の元号を使用した。室町幕府の将軍は足利尊氏(たかうじ)(初代)。同年間、室町幕府内部では、尊氏側近の高師直(こうのもろなお)と尊氏弟の足利直義(ただよし)の対立が決定的になり、武力衝突が発生した。これを「観応の擾乱(じょうらん)」という。◇「かんおう」とも読む。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんおう クヮンオウ【観応】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんのう クヮンオウ【観応】
南北朝時代、北朝の崇光天皇の代の年号。貞和六年(一三五〇)二月二七日、代始により改元。南朝の後村上天皇の代の正平五~七年にあたる。将軍足利尊氏の時代。観応三年(一三五二)九月、文和(ぶんな)と改元された。出典は「荘子‐天地」の「以道汎観、而万物之応備」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

観応」の用語解説はコトバンクが提供しています。

観応の関連情報

他サービスで検索

「観応」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.