Rakuten infoseek

辞書

親船【オヤブネ】

デジタル大辞泉

おや‐ぶね【親船】
多数の小型漁船を従えた大船。母船(ぼせん)。
連絡用の小船に対し、沖に停泊している大船

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おやぶね【親船】
何隻かの子船を従え、食料・燃料などの補給をする大きな船。母船。
伝馬船を搭載する大型船の場合、伝馬船を子に見立てた本船の別名。
[句項目] 親船に乗ったよう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おや‐ぶね【親船】
〘名〙
① 小を従えた大船。大船は小型の伝馬船を積んでいるところから、親子になぞらえて生じた俗称。転じて大型廻船をいう。
※洒落本・面美知之娌(1789‐1802頃)一「あのあかりは何だろう。親舟(オヤぶね)にしちゃア遠ひぜ」
② 伊勢船の俗称。伊勢船は船型構造が中世末期の伝統を持つため、近世の進歩した弁才船に対して、古様であるところからの称。〔和漢船用集(1766)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

親船」の用語解説はコトバンクが提供しています。

親船の関連情報

他サービスで検索

「親船」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.