Rakuten infoseek

辞書

親王【しんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

親王
しんのう
現在の皇室典範によれば,天皇の嫡出皇子と,嫡男系嫡出の皇子系の男子とをいう。女子ならば内親王という。天武天皇の頃からみられ,令制によって確立された。淳仁朝以後は親王宣下によりこの称号が与えられた。親王,内親王,入道親王法親王の別がある。親王宣下を受ければ,いかなる皇族でも親王になれた。親王で出家したものを入道親王,出家後親王となったものを法親王という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しん‐のう〔‐ワウ〕【親王】
《「しんおう」の連声(れんじょう)
現行の皇室典範で、嫡出皇子および嫡男系嫡出の皇孫の男子に対する称号。旧皇室典範では、皇子から皇玄孫までの男子の称号。
律令制で、天皇の兄弟および皇子の称号。みこ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんのう【親王】
隋・唐の制にならった称号。親王の語は,《日本書紀》天武4年(675)にはじめて見えるが,親王の称が制度的に定められるのは,大宝令においてであると考えられる。すなわち,天皇の兄弟および皇子を親王と称し,また女は内親王と称することが規定された。親王には一品から四品までの品位が授けられ,品位に応じて太政大臣,左右大臣,大納言大宰帥,八省卿などの官職に任ぜられ,また品田・品封を給され,文学および家令以下のいわゆる家司が付属することとなった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんのう【親王】
〔「しんおう」の連声〕
皇族男子の身位の一。律令制では、天皇の兄弟・皇子をいったが、淳仁天皇(在位758~764)以後は親王宣下のあったもののみに限られた。旧皇室典範では、皇子から皇玄孫にわたる皇族男子をいった。現制度では、嫡出の皇男子および嫡男系嫡出の皇孫の男子をいう。 ⇔ 内親王

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

親王
しんのう
皇族の身位(しんい)の一つ。またその称号。令制(りょうせい)では天皇の皇子女および兄弟姉妹をいい、そのうち女子は内親王(ないしんのう)と称した。平安時代以降は、親王となす宣旨(せんじ)を下されなければ、皇子でも親王と称することができなくなった反面、皇孫なども親王宣下(せんげ)を受け、さらに代々親王宣下を受ける世襲親王家も出現した。また親王で出家した場合は入道親王、出家後、親王宣下を受けた場合は法親王(ほうしんのう)と称する例も生じた。親王は一品(いっぽん)から四品(しほん)までの品位を与えられ、それに応ずる田地や俸禄(ほうろく)を給与され、専属の職員もつけられた。明治の皇室典範では、皇子より皇玄孫(こうげんそん)までを生まれながら親王・内親王となすと定めたが、現制では嫡系の皇孫までに限られた。[橋本義彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐のう ‥ワウ【親王】
〘名〙 (「しんおう」の連声)
[一] 皇族男子の身位の一つ。
① 令制では、天皇の兄弟、皇子をすべてさすが(女子は内親王)、淳仁天皇の天平宝字三年(七五九)に、親王宣下(しんのうせんげ)が始められ、宣旨によるもののみに、この身位は限られた。また、中世以後、世襲親王家も生じた。
※令義解(718)継嗣「凡皇兄弟皇子。皆為親王〈女帝子亦同〉以外並為諸王
※平家(13C前)一「今上一宮の二歳にならせ給ふがましましけるを〈略〉俄に親王の宣旨くだされて」
② 近代以降、皇子から皇玄孫(天皇の孫の孫)までの皇族男子の称。昭和二二年(一九四七)以降は、嫡出の皇子および嫡男系嫡出の皇孫のうちの男子の称。〔音訓新聞字引(1876)〕
※皇室典範(明治二二年)(1889)三一条「皇子より皇玄孫に至るまでは男を親王、女を内親王とし」
③ 中国では、隋代までは天子の伯叔父、兄弟、子をいい、唐代には、皇子をいう。清代には宗室の最上位の封爵をさした。〔隋書‐百官志・中〕
[二] 「しんのうかずら(親王鬘)」の略。〔戯場訓蒙図彙(1803)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

親王」の用語解説はコトバンクが提供しています。

親王の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.