Rakuten infoseek

辞書

親王将軍【しんのうしょうぐん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

親王将軍
しんのうしょうぐん
鎌倉幕府9代の将軍のうち,親王が将軍となった後期の4人,すなわち6代宗尊親王 (在位 1252~66) ,7代惟康親王 (在位 66~89) ,8代久明親王 (在位 89~1308) ,9代守邦親王 (在位 08~33) をいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんのうしょうぐん【親王将軍】
親王で鎌倉幕府の征夷大将軍に任命されたもの。皇族将軍,宮将軍ともいう。1252年(建長4)執権北条時頼が将軍藤原頼嗣を廃して京都に追ったことによって摂家将軍は終わり,かわって後嵯峨上皇の皇子宗尊親王が最初の親王将軍として鎌倉に迎えられた。以後,宗尊親王の子惟康王(のち親王),後深草上皇の皇子久明親王,その子守邦王(のち親王)と,1333年(元弘3)の幕府滅亡まで4代続いたが,親王将軍の出現は得宗専制成立の一つの徴証であり,将軍の実権は摂家将軍時代にもまして弱体化し,北条得宗家が権勢を振るっていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

親王将軍」の用語解説はコトバンクが提供しています。

親王将軍の関連情報

他サービスで検索

「親王将軍」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.