Rakuten infoseek

辞書

親族法【しんぞくほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

親族法
しんぞくほう
婚姻,親子後見その他の親族関係を規律する法規の総体をいう。そのおもなものは民法第4編親族に定められている。外国ではこのような法規を家族法というのが普通であるが,日本では第2次世界大戦終結まで家制度を基本とする規定の仕方をしていたため,親族法といわれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しんぞく‐ほう〔‐ハフ〕【親族法】
婚姻・親子・親権・後見・扶養などの親族関係を規律する法の総称民法第4編親族の規定がその主なもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんぞくほう【親族法】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんぞくほう【親族法】
夫婦・親子などの親族関係について定める法の総称。形式的には民法第四編をいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

親族法
しんぞくほう
夫婦・親子を中心とする親族関係を規律する法律。民法第4編(725条~881条)「親族」がその中核となる。民法第5編「相続」とともに、「身分法」または「家族法」とよばれ、「財産法」に対する。1947年(昭和22)の大改正によって、それまでの「家」中心の構成から、夫婦とその未成熟の子中心の構成へと変わった。[高橋康之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しんぞく‐ほう ‥ハフ【親族法】
〘名〙 婚姻・親子・親権・後見・扶養など、親族関係について定めた法の総称。民法第四編親族の規定がその主なもの。同第五編相続の規定とともに身分法、または家族法と呼ばれる。〔法例(明治三一年)(1898)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

親族法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

親族法の関連情報

他サービスで検索

「親族法」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.