Rakuten infoseek

辞書

覚醒【かくせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

覚醒
かくせい
arousal
生理学用語。感覚刺激によって惹起する脳波周波数増大振幅減少に対応するの生理的状態。これは G.モルッチと H.W.マグーンの研究で,脳幹網様体電気刺激することによって確認され,一般に神経インパルスが網様体から視床を経て大脳皮質に流れ込むためとされている。この脳幹網様体の賦活系は覚に,これに対してその抑制系は睡眠に関係する重要な機序で,この両系の協調的な働きによって意識の生理的機序の主要部が支えられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

覚醒
かくせい
arousal
心理学用語。生体を活動に導くなんらかの状態,または動因として仮定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かく‐せい【覚醒】
[名](スル)
目を覚ますこと。目が覚めること。「昏睡状態から覚醒する」
迷いからさめ、過ちに気づくこと。
「魔境から今漸く―した人のような眼を放って」〈漱石明暗

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かくせい【覚醒】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かくせい【覚醒】
スル
目をさますこと。目がさめること。醒覚。 耳に迫る蛙の声に其の-を促されて/土
過ちや迷いに気づくこと。醒覚。 一時社会逸楽の長夢を-したることありと雖も/日本開化小史 卯吉
中枢神経系の興奮が増大し注意が喚起された意識の状態。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かく‐せい【覚醒】
〘名〙 目をさますこと。目がさめること。比喩的に、誤りや迷いに気づくこと。また、気づかせること。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉五「一時社会逸楽の長夢を覚醒したることありと雖も」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

覚醒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

覚醒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.