Rakuten infoseek

辞書

覚(え)書(き)【オボエガキ】

デジタル大辞泉

おぼえ‐がき【覚(え)書(き)】
忘れないように書き留めておくこと。また、その文書。メモ。備忘録。覚え。
条約に付帯した、あて名も署名もない略式の外交文書条約解釈補足、また、自国の希望・意見を述べたもの。外交使節署名のあるものは正式な外交文書となる。了解覚書
契約をする者同士が交わす、契約の補足や解釈などを記した文書。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おぼえがき【覚書 memorandum】
ある事柄の基本的事実の要約あるいは論点を相手方に伝える外交上のノート。通常,三人称で書かれ,宛名も署名もないのが原則であり,一般に派遣国の外交使節から接受国の外務省に渡される。覚書は正式の条約そのものではないが,たまたまその内容が意思の合致を必要とする場合に,相手国がそれに同意する旨の覚書を送ってきたときには,それらの国の間において合意が成立したということができ,広義の条約の一種とみなされうる。また,国家間の意思伝達の方法ではないが,複数の国家の民間団体相互間における合意を文書にまとめたものを覚書ということがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

おぼえがき【覚書】
歴史の記録的史料の一種。(1)ある種の古文書の俗称。正しくは手日記,条目,条書という。当事者間ではすでに理解しあった事柄を,備忘のため記録した書付,使者の口上によって詳しく説明する予定の事柄を個条書きにした文書などを指す。一般に〈〉と書き出し,事柄を〈一……事〉と個条書きにし,書止めは敬語を添えず〈已上〉で終わり,月日,筆者(差出人),宛先などを書くこともある。古文書学上の用語ではない。(2)ある種の記録の総称。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

おぼえ‐がき【覚書】
〘名〙
① 後々の記憶のために書いておくこと。また、その文書。メモ。
※芭蕉遺状(1694)「杉風方に前々よりの発句文章の覚書可之候」
② 法律用語。
(イ) 条約に付帯する簡単な外交文書。条約の解釈や補足または自国の意見、希望などを述べたもの。メモランダム。〔仏和法律字彙(1886)〕
(ロ) 第二次世界大戦後、連合国最高司令官が日本政府にあてた、占領管理に関する指令の一形式、およびその文書。立法や行政などの命令のほか、個別的な承認、処分など、広い範囲にわたる。
(ハ) 契約の当事者が、契約の解釈を明らかにしたり、これを補足するために取り交わす文書。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

覚(え)書(き)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

覚(え)書(き)の関連情報

他サービスで検索

「覚(え)書(き)」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.