Rakuten infoseek

辞書

覚えておきたい牛乳の種類とその内容【おぼえておきたいぎゅうにゅうのしゅるいとそのないよう】

食の医学館

おぼえておきたいぎゅうにゅうのしゅるいとそのないよう【覚えておきたい牛乳の種類とその内容】
牛乳のパッケージには、製法や成分にしたがってローファット、特濃、成分無調整などの分類が記されています。表示の示す意味を覚えてじょうずに使いわけましょう。
・牛乳/生乳のみを加熱殺菌したもので、乳脂肪分3.0%以上、無脂乳固形分8.0%以上を含むことが規格規準。水分や乳脂肪などの成分を添加することは、禁じられています。
・加工乳/生乳、牛乳、脱脂粉乳、バターなどの乳製品を原料として加工された製品の総称。無脂乳固形分8.0%以上が規格規準だが、乳脂肪分に関する規準はありません。乳脂肪分3.0%以下のローファットミルク、反対に乳脂肪分、無脂乳固形分を強化した特濃牛乳などがここに含まれます。
・乳飲料/生乳、牛乳、脱脂粉乳、バターなどの乳製品に、果汁や甘味料、香料、各種の栄養分などを添加してつくられます。コーヒー牛乳やフルーツ牛乳をはじめ、カルシウムや鉄分などを強化したヘルシータイプの牛乳も、この仲間になります。
・脱脂乳/生乳から乳脂肪分を取り除いたもの。乳脂肪分0.5~3%の部分脱脂乳と0.5%未満の脱脂乳があります。脱脂乳の水分を除いて粉末にしたものが脱脂粉乳(スキムミルク)です。
・低温殺菌牛乳/一般の牛乳は120~150度で1~3秒間、殺菌したものが大半ですが、それより低い温度で殺菌を行ったもの。63~65度で30分間殺菌するものが多いが、ほかに75度以上で15分以上、72度以上で15秒以上殺菌したものも含みます。
・ロングライフミルク/135~150℃の高温で1~3秒間殺菌した、常温で2~3か月の長期保存が可能な牛乳。ただし、開封後の保存期限はふつうの牛乳とかわりません。
・成分無調整乳/季節や飼料の与え方などにより、生乳の乳脂肪分は変化します。それが規準を超えた場合、調整することが認められていますが、そうした調整をしないものを成分無調整乳と呼びます。
・ノンホモジナイズド(ノンパスチャライズド)ミルク/通常の牛乳は、含まれる乳脂肪が分離しないように、脂肪球を細かく砕いて均質化処理(ホモジナイゼーション)がしてあります。これを行わないものをノンホモジナイズドミルクといい、生乳に近い自然な風味が特徴です。
・ジャージー乳/ジャージー種の牛からとられる牛乳。市販の牛乳の大半を占めるホルスタイン種の牛乳にくらべて栄養価が高く、味も濃厚だが、搾乳量が少ないため値段は高めです。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

覚えておきたい牛乳の種類とその内容」の用語解説はコトバンクが提供しています。

覚えておきたい牛乳の種類とその内容の関連情報

他サービスで検索

「覚えておきたい牛乳の種類とその内容」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.