Rakuten infoseek

辞書

視聴【シチョウ】

デジタル大辞泉

し‐ちょう〔‐チヤウ〕【視聴】
[名](スル)
見ることと聴くこと。聴視。
「予が―に入らざるものは絶無なりし」〈芥川・開化の殺人〉
注意や関心。「人々の視聴を引く」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐てい【視聴】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しちょう【視聴】
( 名 ) スル
見ることときくこと。
人々の注意や注目。 「 -を集める」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐ちょう ‥チャウ【視聴】
〘名〙
① (━する) 見ることと聞くこと。見たり聞いたりすること。また、その対象のもの。してい。聴視
※本朝文粋(1060頃)三・鳥獣言語〈菅原淳茂〉「視聴希夷、一孔不以定者也」
※山鹿語類(1665)二一「必竟視聴は耳目の用なれば、先づ耳目の威儀を正し、而して其の交接の人物事変に因って、視聴の法をただし理を窮め」 〔礼記‐曲礼上〕
② 目と耳。耳目(じもく)。してい。
※菅家文草(900頃)一・早春侍内宴、同賦無物不逢春「臣地是遊鈞、身同絋、視聴失所、豈敢多言」
※海潮音(1905)〈上田敏訳〉序「近体新声の耳目に嫺はざるを以て、倉皇視聴を掩はむとする人々よ」
注意注目。関心。
※野分(1907)〈夏目漱石〉五「人の視聴を惹くの結果、われより苦痛が反射せぬ様」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐てい【視聴】
〘名〙 (「てい」は「聴」の漢音)
① =しちょう(視聴)①〔色葉字類抄(1177‐81)〕
小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「器械のしかけによりて観者の視聴(シテイ)の官にうったふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

視聴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

視聴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.