Rakuten infoseek

辞書

視線【シセン】

デジタル大辞泉

し‐せん【視線】
目の向き。目で見ている方向。「視線が合う」「視線をそらす」
目の中心と、見ている対象とを結ぶ線。視軸(しじく)。
他人を、また、他人が見る目付き。ある気持ちの表れた目付き。「世間の視線が気になる」「気の毒そうな視線

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しせん【視線】
目の中心と見ている対象とを結ぶ線。見つめている方向。 「 -をそらす」 「 -が合う」 「背中に-を感じる」
視軸。 〔明治期につくられた語〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐せん【視線】
〘名〙 (Gezichetslijn の訳語)
① 眼球の中心点と外界の見られる対象とを結ぶ直線。視軸。〔新精眼科全書(1867)〕
② 目がものを見ている方向。見つめている方向。
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉二三「常に店頭主人の探奇なる視線(シセン)を免かれざる者」
※海と毒薬(1957)〈遠藤周作〉一「彼は眼をしばたたきながら私を眺めたがすぐ視線をそらした」
透視画法で、視点と物体の各点とを結ぶ直線。
米欧回覧実記(1877)〈久米邦武例言「採影の真を写すは、視線延長し、遠近を差するを免れず、看るもの幸に注意して可なり」
[語誌]医学用語では当初「視軸」が一般的であった。しかし、明治中期から、②の意味で小説に盛んに登場するようになり、明治後期にかけて一般語として定着した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

視線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

視線の関連情報

他サービスで検索

「視線」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.