Rakuten infoseek

辞書

視察【シサツ】

デジタル大辞泉

し‐さつ【視察】
[名](スル)現地・現場に行き、その実際のようすを見極めること。「災害の状況を視察する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

視察
海外視察は、県議選の年を除いて年1回。2012年は17人、米スリーマイル島を訪れた13年は16人の県議が参加した。県議会事務局によると、委員会による県内外への視察も年2、3回ある。1人あたりの費用は毎回、県外約10万円、県内約4万円が目安。いずれも県議会の予算に計上されている。これとは別に、県議1人あたり月額30万円で計算した政務活動費会派に交付される。
(2015-10-24 朝日新聞 朝刊 福島中会・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

大辞林 第三版

しさつ【視察】
( 名 ) スル
実情を知るために実地を見ること。 「民情-」 「水害地を-する」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐さつ【視察】
〘名〙
① ありのままの状態を注意深く見きわめること。
※足利本論語抄(16C)学而第一「我れ平生戒慎て毎日に三たび自我が身に過失有りや否と視察する也」
② 実際にその場に出かけて行って状況を見きわめること。
※万国新聞‐一七集(1869)明治二年四月下旬「魯仏両国地理形勢視察の為被参候由なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

視察」の用語解説はコトバンクが提供しています。

視察の関連情報

他サービスで検索

「視察」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.