Rakuten infoseek

辞書

規程【キテイ】

デジタル大辞泉

き‐てい【規程】
決まり。さだめ。規定。
一定の目的のために定められた一連の条項の称。特に、官公庁などで、内部組織や事務取扱を定めたもの。「服務規程」「図書貸し出し規程

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きてい【規程】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きてい【規程】
特定の目的のために定められた一連の条項の全体をひとまとまりとして呼ぶ語。国会の両院協議会に関する規程など。
官公署などにおける、内部組織・事務執行などののっとるべき規則。 事務- 規程が規則全体をひとまとまりとしてさすのに対し、規定は一つ一つの条文をさす

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐てい【規程】
〘名〙
① 規則。「規定」に対して「規程」は、一定の目的のために定められた一連の条項の総体を指していう。
※木乃伊の口紅(1913)〈田村俊子〉七「書き溜めておいた作(もの)のある事を知ってゐた義男は、それにこの規程の分だけを書き足して送った方が好いと云って」
② 官公署などで、内部組織や事務の取扱いを定めたもの。
※議院法(明治二二年)(1889)六一条「両議院交渉事務の規程はの協議に依り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

規程」の用語解説はコトバンクが提供しています。

規程の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.