Rakuten infoseek

辞書

規模【キボ】

デジタル大辞泉

き‐ぼ【規模】
物事の構造・内容・仕組みなどの大きさ。「雄大な規模の構想」「地球規模の環境汚染」
手本。模範。
「国家の御宝、末代の―なり」〈盛衰記・二六〉
要(かなめ)。眼目。
「松が咲きけりといふ言葉、この松が崎の能に―なれば」〈申楽談儀
名誉。面目。
「氏族の―とする職なれば」〈太平記・一〇〉
甲斐(かい)。ききめ。成果。
「勘当を赦(ゆる)されねば、伝授しても―がない」〈浄・手習鑑
報い。代償。
「その代はり、十分(おもいれ)お骨折りの―はしやす」〈人・梅美婦禰〉
根拠。証拠。
「大名の家に宝なくて家督の継ぎ目は何を以て―とする」〈浄・苅萱桑門

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きぼ【規模】
構え・仕組みの大きさ。組織・機構の広がり。 壮大な-の計画 世界的な-の戦争
手本。規範。 累代の公物、古弊をもちて-とす/徒然 99
名誉。誉れ。 多年の所望、氏族の-とする職なれば/太平記 10
しるし。効果。甲斐かい勘当を赦されねば伝授しても-がない/浄瑠璃・菅原
代償。返礼。 その代り十分おもいれお骨折りの-はしやす/人情本・梅美婦禰 3
よりどころ。証拠。 家内へ見せる慥たしかな証拠を下されかし、それを-に立帰り/洒落本・当世気とり草

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐も【規模】
〘名〙 =きぼ(規模)〔黒本本節用集(室町)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

規模」の用語解説はコトバンクが提供しています。

規模の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.