Rakuten infoseek

辞書

規定【キテイ】

デジタル大辞泉

き‐てい【規定】
[名](スル)
物事を一定の形に定めること。また、その定めた内容。きまり。規程。「規定の書式」「概念を規定する」
法令条文として定めること。また、法令の個々の条文。「第一条に規定するところに従う」
化学で、溶液の濃度の単位。1規定は溶液1リットル中に溶質1グラム当量を含むときの濃度で、1モル毎立方メートル。記号N
規定種目」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きてい【規定 normal】
溶液濃度の表し方の一つで,容量分析(たとえば,中和滴定や酸化還元滴定)などでよく用いられる。1グラム当量の溶質が溶液1l(1dm3)中に溶けているとき,この溶液の規定度(または当量濃度)が1規定であると定義する。記号N。【玉虫 伶太】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きてい【規定】
( 名 ) スル
物事のありさまややり方を決まった形に定めること。また、その定め。 「 -に従う」 「概念を-する」
法令の条文として定めること。また、その条文。 → 規程
〘化〙 溶液濃度の単位。溶液1リットルの中に溶質1グラム 当量を含む濃度が一規定。記号 N  ノルマル。
「規定演技」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐てい【規定】
〘名〙
① 物事のやり方をきまった形にきめ定めること。また、そのきまり。規制。→規程
※隣語大方(18C後)一〇「只今買売を新に規定致時で御座るにより」
② 法令、規則などの中に個々の条文として定めること。また、その条文、条項。〔仏和法律字彙(1886)〕
会計法(明治二二年)(1889)四条「各官庁に於ては法律勅令を以て規定したるものの外特別の資金を有することを得ず」
③ ある事物の概念をはっきりきめ定めること。
※搦手から(1915)〈長谷川如是閑〉足のうら「快感が已んだ時、踵いで起る感覚若くは感情の快不快に依って、其の快感の性質が規定(キテイ)される」
④ 化学で、溶液の濃度の表わし方の一つ。一規定は、溶液一リットル中に溶質が一グラム当量含まれる濃さ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

規定」の用語解説はコトバンクが提供しています。

規定の関連情報

他サービスで検索

「規定」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.