Rakuten infoseek

辞書

見通し【みとおし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

見通し
みとおし
insight
洞察ともいう。 (1) 内観的な心理学では,あるものの意味を直接了解すること。 (2) ゲシュタルト心理学における重要な概念の一つ。問題の解決に際して,それまでの経験によるのではなく,また反復により次第に正反応が強められるのではなく,突然解決への道が理解されること,ないしはその過程。その場合,問題場面において「こうすればこうなる」という目標手段との間の関係について,新しい認知構造が出現する。 (3) 精神医学精神療法において,患者が自分自身の心的葛藤などについて気づき,理解に到達すること。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

み‐とおし〔‐とほし〕【見通し/見透し】
《「みどおし」とも》初めから終わりまで見つづけること。「朝からテレビの―だ」
さえぎるものがなく遠くまで見えること。また、その場所。「―のきく展望台」
人の心や目に見えない内面の物事を見抜くこと。洞察。「何でもお―だ」
物事のなりゆきや、将来のことを予測すること。「復旧の―がつかない」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みとうし【見通し】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みとおし【見通し】
遠くの方まで見えること。 -の悪い曲がり角 -のきく高台
(多く「お見通しだ」の形で)他人の本心や考えなどを見抜くこと。洞察。 神様はすべてお-だ そんなことは先刻お-だ
未来の事まで予測すること。 先の-が立つ -のきく人 -が甘い

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

見通し」の用語解説はコトバンクが提供しています。

見通しの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.