Rakuten infoseek

辞書

見習【みならい】

精選版 日本国語大辞典

み‐ならい ‥ならひ【見習】
〘名〙
① 見てまねをすること。見て覚えること。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「さてもこころにくき人の、めづらしくし給ふ所なるを、みならひもせん」
実地に練習すること。養成過程にあって、やがて来たるべき本務に備えて、実地に訓練を受けること。また、その人。
※本勤并年寄等書留‐天保九年(1838)三月・与力見習、本勤并びに被仰付候起立書留(古事類苑・官位五二)「支配役五人、并見習之もの七人」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

見習」の用語解説はコトバンクが提供しています。

見習の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.