Rakuten infoseek

辞書

覇王【ハオウ】

デジタル大辞泉

は‐おう〔‐ワウ〕【覇王】
覇者王者覇道王道
武力で諸侯を統御して天下を治める者。
[補説]作品名別項。→覇王

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はおう【覇王】[叙事詩劇]
《原題The Dynastsハーディによる、ナポレオン戦争主題とした叙事詩劇。全3部からなり、それぞれ1903年、1906年、1908年に発表。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はおう【覇王】
武力で諸侯を従えて、天下を治める人。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

は‐おう ‥ワウ【覇王】
[1] 〘名〙
者と者。覇道と王道。王覇。比喩的に、ある分野ですぐれたものや勢力のあるものもいう。
※相撲講話(1919)〈日本青年教育会〉新弟子の養成「前横綱の犬豪常陸山が〈〉現代相撲界の覇王(ハワウ)として時めいてゐる」
諸侯を統御して天下を治める者。覇者の長。
太平記(14C後)九「覇王(ハわう)諸侯を集て牲(いけにへ)を殺し血を啜て弐(ふたごこ)ろ無らん事を盟ふ」 〔礼記‐経解〕
[2] (原題The Dynasts) 詩劇。トマス=ハーディ作。三部一九幕一三〇場。一九〇八年完成。覇業をめざすナポレオンと各国の皇帝、将軍らをからませ、悲惨な戦争と没落する英雄末路を描いた大作

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

覇王」の用語解説はコトバンクが提供しています。

覇王の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.