Rakuten infoseek

辞書

要素

デジタル大辞泉

よう‐そ〔エウ‐〕【要素】
あるものごとを成り立たせている基本的な内容や条件。「危険な要素を含む」「犯罪を構成する要素
物を分析したとき、その中に見出されるそれ以上簡単にならない成分。「色の三要素
法律行為または意思表示の内容において、その表意者に重要な意味をもつ部分。
数学で、集合をつくっている一つ一つのもの。元(げん)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ようそ【要素】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ようそ【要素】
物事を成り立たせているもの。また、物事の成り立ちに関与している成分や性質。
集まっているもの、または組み合わさっているものの一つ一つ。それ以上分析できないもの。
〘法〙 具体的な法律行為・意思表示において、その行為者に重要な意義をもつ部分。
〘数〙 集合を構成している一つ一つのもの。元げん。 〔「哲学字彙」(1881年)に英語 factor の訳語の一つとして載る〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

要素
ようそ
」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よう‐そ エウ‥【要素】
〘名〙
事物または事物の特性が成立したり、その効力を発揮したりするのに欠くことのできない成分・条件。〔哲学字彙(1881)〕
暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉一「立派と云ふ中には大きさ、或ひは豊さと云ふ要素もなければならぬと彼は思ってゐる」
② 法律行為の内容の重要な部分で、意思表示をする者にとって、特に重要な意味をもつところ。たとえば、売買契約では、ふつう目的物の種類や性質、代金額などが要素となる。
※民法(明治二九年)(1896)九五条「意思表示は法律行為の要素に錯誤ありたるときは無効とす」
③ 数学で、集合や行列などを構成する個々のもの。元。
[補注](①について) 明治初中期には類義語として「元素」「原素」も使われ、坪内逍遙の「当世書生気質‐七」には、「自惚(うぬぼれ)の原素(ゲンソ)が多いだけに」のように「原素」を用いている例と、「要素」を用いている例の両方がみえる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

要素」の用語解説はコトバンクが提供しています。

要素の関連情報

関連キーワード

HTMLHTMLHTML5HTML5XMLXHTMLDHTMLcHTMLRIAHTMLメール

他サービスで検索

「要素」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.