Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

西魏【セイギ】

デジタル大辞泉

せい‐ぎ【西魏】
中国の国名。南北朝時代北魏が分裂したとき、宇文泰(うぶんたい)文帝を擁立して535年に建国。556年、の子である宇文覚が帝位を譲り受けて北周を建国し、滅亡。→

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいぎ【西魏 Xī Wèi】
中国の王朝。534‐556年。北魏末に陝西・甘粛方面の反乱を討伐するため中央から派遣されたが武将宇文泰を中心に自立し,洛陽から魏帝を迎えて長安を首都に西魏王朝を建設した。その国力ライバル東魏に比べて貧弱であったが,北鎮系の軍と現地の漢人豪族とが協力して,府兵制,六官の制など一連の復古的革新政策を打ち出し,よく東魏に対抗した。さらに南朝梁の内乱に乗じて長江(揚子江)上流地域を獲得したことは中国再統一の第一歩を示す。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

西魏
せいぎ

中国の王朝(535~556)。北魏(ほくぎ)が東西に分裂してできた王朝で、北魏の宗室を帝としていただいていたが、実権は宇文泰(うぶんたい)が握っており、泰の世子の宇文覚が帝位を譲り受けて北周(ほくしゅう)を建てた。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

西魏
せいぎ
535〜556
北魏末期の実力者宇文泰 (うぶんたい) が,北魏の一族である文帝を擁して建てた国
長安に都し,東魏と対抗,南朝の (りよう) を攻めて優位を保った。泰の子ののとき,3代恭帝を廃して北を開いたので,西魏は3代20年余で滅んだ。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西魏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

西魏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.