Rakuten infoseek

辞書

西洋医学所【せいよういがくしょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

西洋医学所
せいよういがくしょ
江戸幕府が西洋医学を導入して教授させた医学校。安政5 (1858) 年5月7日,幕府の許可により伊東玄朴大槻俊斎など江戸の蘭方医八十余名が協力してお玉ヶ池に種痘所を開き,種痘のほか,診療にもあたった。しかし,同年 11月に火災で焼失し,翌年,下谷和泉橋に移転。万延1 (60) 年幕府はこれを収めて直轄の官学とし,種痘所と名づけ,大槻を長とした。翌年西洋医学所と改称し,教授,解剖,種痘の3科に分け,文久2 (62) 年伊東と林洞海に取締りを命じ,次いで竹内玄同が伊東に代った。この年,大槻が死亡し,大坂から緒方洪庵を招いて,西洋医学所頭取とした。同3年西洋の文字を除いて単に医学所と称し,緒方の死後は,松本良順が頭取となり,学制を改め,理化学,解剖学,生理学,病理学,薬剤学,内科,外科の医学7科を定めた。明治1 (68) 年,新政府の所轄となり,翌年,大学東校と改称。幾多の変遷を経て 1878年,蕃書調所の後身,開成所と合体,東京大学医学部となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいよういがくしょ【西洋医学所】
江戸幕府の西洋医学校。安政5年(1858)1月幕府の許可を得て伊東玄朴,戸塚静海,大槻俊斎,林洞海ら江戸在住の蘭方医83人が神田お玉ヶ池に設立した私営の種痘館がその前身で,同年5月に開所したが12月の神田大火で類焼,翌年再建された。万延1年(60)10月幕府の直轄となり種痘所と改称,翌年西洋医学所と改称されて大槻俊斎が初代頭取となり,教授,解剖,種痘の3科が発足した。第2代頭取の緒方洪庵のときに医学所と改称,第3代頭取松本良順に至って学制がようやく整ったが,戊辰戦争で閉鎖された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

西洋医学所」の用語解説はコトバンクが提供しています。

西洋医学所の関連情報

他サービスで検索

「西洋医学所」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.