Rakuten infoseek

辞書

西方浄土【サイホウジョウド】

デジタル大辞泉

さいほう‐じょうど〔サイハウジヤウド〕【西方浄土】
阿弥陀如来教主とする西方浄土。人間界から西方に十万億の仏土を隔てた所にあるという。極楽浄土西方極楽西方世界

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さいほうじょうど【西方浄土】
この世の西方、十万億の仏土を隔てたところに存在する、阿弥陀仏の浄土。極楽浄土。西方安楽国。西方極楽。西方十万億土。西方世界。西方。 日の入給ふ所は-にてあんなり/平家 1

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さいほう‐じょうど サイハウジャウド【西方浄土】
〘名〙 仏語。阿彌陀仏の浄土。この娑婆世界から西方に十万億の仏土を隔てたかなたにあるという安楽の世界。極楽浄土。西方極楽。西方安楽国。西方安養世界。西方世界。西方。
※宇津保(970‐999頃)吹上上「とまりてみ給へしに、いはゆるさい方じゃうどに生まれたるやうになん」
[語誌](1)極楽浄土を西方とするのは「阿彌陀経」などの所説に基づくが、奈良時代にはまだ「西方」が直ちに極楽を指すという用法は定着していない。「書紀‐孝徳・白雉元年二月」では中国を指して「西土」といっている。
(2)平安朝に入ると「霊異記」(八二二)に「西方極楽」〔下〕、「西方安楽国」〔下〕の例が見え、「菅家後集‐和紀処士題新泉之二絶」(九〇三)に「西方」で極楽を指した例が見られる。「西方浄土」という表現は一一世紀以降、浄土教の流布に伴って一般化した。平安朝末から中世には、落日に向かって西方浄土を観想する日想観が流行した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四字熟語を知る辞典

西方浄土
仏教で阿弥陀仏の浄土。このしゃ世界から西方に十万億の仏土を隔てたかなたにあるという安楽の世界。

[使用例] 栗は西の木と書き、西方浄土の便りになるので、行基さつが杖に用いた、という意味のものだ[中山義秀*芭蕉庵桃青|1970]

[類語] 極楽浄土

出典:四字熟語を知る辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西方浄土」の用語解説はコトバンクが提供しています。

西方浄土の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.