Rakuten infoseek

辞書

西戎【セイジュウ】

デジタル大辞泉

せい‐じゅう【西×戎】
古代中国人がトルコ族・チベット族など西方の異民族を称した語。西夷(せいい)。→東夷(とうい)南蛮北狄(ほくてき)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せいじゅう【西戎】
中国人が西方に住む異民族に対して用いた呼称。西夷。 → 東夷北狄ほくてき南蛮

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

西戎
せいじゅう
中国古代の西方異民族に対する蔑称(べっしょう)。戎は本来、戎狄(じゅうてき)、戎夷(じゅうい)などとして異民族をさした語であるが、のち西戎として西方民族をいうようになった。彼らは甘粛(かんしゅく)、陝西(せんせい)、山西方面にかけて活躍したらしく、陝西から興った周王朝もしばしばこれに悩まされ、紀元前8世紀前半、西戎の一種犬戎のためにいったん滅ぼされた。西戎は多くの部族に分かれており、春秋前期、秦(しん)の穆(ぼく)公が征したなかには緜諸(めんしょ)の戎、(こんじゅう)(昆夷(こんい))、(てきげん)の戎などがあり、そのほかにも義渠(ぎきょ)戎、驪(れい)戎、陸渾(りくこん)の戎とか大茘(たいれい)、烏(うてい)(くえん)など多くの名が伝えられている。その後は(てい)、羌(きょう)などチベット系の諸民族をさして西戎とよぶようになった。[宇都木章]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せい‐じゅう【西戎】
[1] 〘名〙 古代中国人が西方の異民族をいやしんで呼んだ語。青海・甘粛地域に住んだトルコ族・チベット族、または広く西域の住民をも含めた。転じて、西方の異民族の称。西方のえびす。また、日本では、広く、野蛮人、朝敵をもいう。西夷。
※平家(13C前)一一「国母官女は東夷西戎の手にしたがひ」
※歌舞伎・伊勢平氏栄花暦(1782)三立(暫)「東夷南蛮北狄西戎(セイジフ)」 〔礼記‐曲礼〕
[2] 江戸時代、遊所としての新宿の異称。江戸の西方にあったところから、深川の東夷、品川の南蛮、吉原の北狄(ほくてき)に対していう。
※雑俳・川傍柳(1780‐83)二「東夷南蛮西戎は岡場所」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

西戎
せいじゅう
古代の中国人が,西方の青海・甘粛 (かんしゆく) 方面のチベット系またはトルコ系の異民族(夷狄 (いてき) )を呼んだ蔑称
前8世紀にを東遷させた犬戎もその一派

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西戎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

西戎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.