Rakuten infoseek

辞書

西彼杵半島県立自然公園【にしそのぎはんとうけんりつしぜんこうえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

西彼杵半島県立自然公園
にしそのぎはんとうけんりつしぜんこうえん
長崎県西部,西彼杵半島西海岸,西彼高原および角力灘の島々を含む自然公園面積 30.66km2。 1966年指定。西海岸の海食崖,西海市の七釜鍾乳洞 (国指定天然記念物) と好展望地の虚空蔵山 (307m) ,西彼高原の自然休養林と県民の森などがおもな景勝地。西海岸は江戸時代からのカトリック信徒の集落が多く,キリシタン関連の遺跡に富む。北端横瀬郷は永禄5 (1562) ~6年ポルトガルとの貿易で栄えた集落

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西彼杵半島県立自然公園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

西彼杵半島県立自然公園の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.