Rakuten infoseek

辞書

西山宗因【にしやま そういん】

美術人名辞典

西山宗因
江戸前期の連歌師俳人。肥後生。名は豊一、通称は次郎作、別号に一幽・西翁・梅翁・梅花翁等がある。里村昌琢連歌を学び、一方俳諧も能くした。門弟井原西鶴岡西惟中等がいる。天和2年(1682)歿、78才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

にしやま‐そういん【西山宗因】
[1605~1682]江戸前期の連歌師・俳人。談林派の祖。肥後の人。名は豊一(とよかず)。別号、西翁・梅翁など。里村昌琢に連歌を学び、主家加藤侯没落後、大坂天満宮の連歌所宗匠となった。俳諧では自由軽妙な談林俳諧を興し、門下に井原西鶴などを輩出。編著「宗因連歌千句」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

西山宗因 にしやま-そういん
1605-1682 江戸時代前期の連歌師,俳人。
慶長10年生まれ。肥後(熊本県)八代(やつしろ)城代加藤正方の小姓としてつかえ,京都で里村昌琢(しょうたく)に連歌をまなぶ。主家改易により浪人し,正保(しょうほ)4年大坂天満宮の連歌所宗匠となる。また俳諧(はいかい)に関心をよせ,軽妙な句風の談林俳諧を大成,貞門派を圧倒した。天和(てんな)2年3月28日死去。78歳。肥後出身。名は豊一。通称は次郎作。俳号は一幽など。連歌に「伏見千句」,俳諧に「蚊柱(かばしらの)百句」など。
【格言など】世の中よ蝶々とまれかくもあれ(「小町躍(おどり)」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

にしやまそういん【西山宗因】

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

にしやまそういん【西山宗因】
1605~1682) 江戸前期の連歌師・俳人。肥後八代の生まれ。名は豊一とよかず。通称、次郎作。俳号、一幽・西山翁・梅翁など。加藤正方の側近であったが、のち浪人。京で里村昌琢に師事し、大坂天満宮連歌所宗匠となる。俳諧にも親しみ、自由・斬新な作風は談林風として俳壇を風靡ふうびし、門下から西鶴・芭蕉などを輩出した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

西山宗因
にしやまそういん
[生]慶長10(1605).肥後
[没]天和2(1682).3.28. 京都?
江戸時代前期の俳人,連歌作者。名,豊一。通称,次郎作。別号,一幽,西翁,梅翁,西山翁,野梅子,長松斎,忘吾斎,向栄庵,有芳庵。肥後八代城主加藤正方の家臣で,連歌を里村昌琢に学んだ。主家改易後浪人として京都に出,正方が広島浅野家にお預けになるまで仕えた。正保4 (1647) 年長らく中絶していた大坂天満宮の連歌所宗匠となり,その経営に尽力し,諸侯や富商の支持を受けた。一方貞門の古風にあきたらない俳人たちに擁されて,延宝期には新風談林の棟梁となったが,延宝末年には談林末流の放縦乱雑に愛想をつかして連歌に帰った。俳諧に『宗因千句』 (73) ,『天満千句』 (76) ,『宗因七百韻』 (77) ,『宗因発句帳』,素外編『梅翁宗因発句集』 (81) ,連歌に『伏見千句』 (57) ,『小倉千句』 (65) ,『浜宮千句』 (78) ,『延宝千句』 (79) ,『風庵懐旧千句』 (79) ,紀行に『津山紀行』 (53) ,『松島一見記』 (63) ,『西国道日記』 (65) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

西山宗因
にしやまそういん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西山宗因」の用語解説はコトバンクが提供しています。

西山宗因の関連情報

他サービスで検索

「西山宗因」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.