Rakuten infoseek

辞書

西大寺会陽【さいだいじえよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

西大寺会陽
さいだいじえよう
岡山県岡山市東区西大寺にある真言宗西大寺(観音院)で 2月の第3土曜日に行なわれる法会裸祭りとも呼ばれる。14日前から行なわれている修正会の最終日の行事で,本来は旧暦正月14日に行なわれていた。吉井川のほとりに設けられた垢離取場(こりとりば)でふんどし 1本の男たちがをし,本堂の大床に集まる。裸の男の群れはかけ声とともに押し合い,午後10時に本堂の燈火がすべて消され,暗闇のなか,太鼓の合図で住職から投げられる宝木(しんぎ)2本を奪い合う。この宝木を得れば福が授かるといわれる。また,祭りに参加した男たちのふんどしを安産の腹帯にすると元気な子が生まれるとされ,本堂大床に上がった土を翌日田畑にまくと豊作になるといわれる。(→裸祭

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

西大寺会陽
(岡山県岡山市東区西大寺中3-8-8)
美しき日本―いちどは訪れたい日本の観光遺産指定の地域遺産。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西大寺会陽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

西大寺会陽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.