Rakuten infoseek

辞書

西域楽【せいいきがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

西域楽
せいいきがく
中国古代から代前半に西方諸国(西域)から伝来した音楽。南北朝隋唐の音楽を支配し,宋以後の音楽のさきがけとなった。「さいいきがく」とも読む。西域の範囲は時代によって異なるが,東西トルキスタンからインド,ペルシア,アラビアにも及ぶ。前漢武帝のとき,張騫の西域遠征の結果,摩訶兜勒(まかとろく)の曲が伝来したといわれるのが始まりで,以来,天竺亀茲疏勒安国康国高昌国などから楽舞が相次いで伝来し,隋唐の九部伎,十部伎の大部分を占めた。亀茲楽は西域楽の中心となるもので,北周に蘇祇婆(そぎば)が伝えた胡琵琶の七調(娑陁力,雞識,沙識,沙侯加監,沙臘,般膽,俟利箑)はインド起源の調で唐代俗楽調理論の基礎となった。西域楽の楽器には,竪箜篌・鳳首箜篌(→箜篌),琵琶,五弦,篳篥腰鼓,斎鼓,擔鼓,銅鼓,都曇鼓(とどんこ),毛員鼓(もういんこ),揩鼓(答臘鼓),奚婁鼓羯鼓,侯提鼓,銅角,銅鈸,貝などがある。歌曲舞曲ともに中国音楽に大きな影響を及ぼし,特に唐代には俗楽と融合して唐俗楽の黄金時代を打ち立てた。この俗楽が日本に伝来して奈良平安期の雅楽となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さいいきがく【西域楽】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

西域楽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

西域楽の関連情報

他サービスで検索

「西域楽」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.