Rakuten infoseek

辞書

西イリアン【にしイリアン】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

西イリアン
にしイリアン
パプア州」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にし‐イリアン【西イリアン】
West Irian》インドネシア領のパプア州(イリアンジャヤ)の旧称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にしいりあん【西イリアン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にしイリアン【西イリアン】
インドネシア領のイリアンジャヤの旧称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

西イリアン
にしいりあん
West Irian
インドネシア東端、ニューギニア島(イリアン島)西半部を占める地域。別名イリアン・ジャヤ。行政的には一州をなす(2002年にイリアン・ジャヤ州はパプア州と改名。2003年に最西部が西イリアン・ジャヤ州として分割された)。面積42万1981平方キロメートル、人口約218万(2001推計)。州都はジャヤプラ(旧称ホランディア)。第二次世界大戦後のインドネシア独立に際し、オランダが植民地として占有し続けようとしたため、いわゆるイリアン紛争が引き起こされたが、結局オランダが断念、1969年の住民投票を経て正式にインドネシア領となった。島の中央を高峻(こうしゅん)なスディルマン、ジャヤビジャヤなどの脊梁(せきりょう)山脈が貫き、ジャヤ山(5030メートル)、トリコラ山(4750メートル)などの万年雪を頂く高峰がそびえる。北岸にはチェンドラワシ半島、イリアン湾などの出入りがあるが、南岸にはディグル川流域に大湿原が展開する。気候は高地の一部を除き高温多湿で、密林に覆われ、いわゆる「緑の砂漠」を形成しており、開拓は容易でない。生物はオーストラリア的特色が濃厚で、ゴクラクチョウ、ヒクイドリなど特異なものが生息する。居住民は先住民のパプア系を主とするが、山地と低地とでは部族も分かれ、生活、文化も異なる。山地部族は原始的農耕によるタロイモ、サツマイモなどを栽培しているが、低地部族は焼畑耕作や漁業などを行い、外来民との接触で生活もかなり近代化しつつある。またマレー人との混血もみられ、中国人も進出している。東隣のパプア・ニューギニアに比べると、全体的には開発が遅れているが、地下の埋蔵資源は豊かで、チェンドラワシ半島の油田開発は注目されている。[別技篤彦]
『佐竹義輔著『西イリアン記――ニューギニアの自然と生活』(1963・広川書店) ▽『西イリアン探検』全2巻(1980・日本テレビ) ▽伊藤隼男著『ニューギニア 西イリアン紀行――父の戦没地を訪ねて』(1981・新人物往来社) ▽渡辺信夫著『イリアン・ジャヤへの道』(1987・新地書房) ▽久保康之編著『森と海と先住民――イリアン・ジャヤ(西パプア)』(1999・インドネシア民主化支援ネットワーク) ▽川合信司著『先住民社会と開発援助――インドネシアイリアン・ジャヤ州ドミニ集落の事例』(2002・明石書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にし‐イリアン【西イリアン】
(イリアンはIrian) ニューギニア島西部のインドネシア領、パプアの旧称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西イリアン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

西イリアンの関連情報

他サービスで検索

「西イリアン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.