辞書・百科辞典をはじめとする多数の辞書からすばやく簡単に| サービス一覧ヘルプ

褐色【かっしょく】

色名がわかる辞典

かっしょく【褐色】
色名の一つ。JISの色彩規格では「暗い黄赤」としている。一般に、ややみを帯びた濃い茶色のこと。もとは麻布生成りの色とされる。現代ではコーヒーの色が典型的。クリームを入れるとやや黄色みがかった黄褐色になる。日焼けした皮膚の色を「褐色の肌」と形容するときも、褐色から黄褐色まで幅広い。また、「褐色」を「かちいろ」と読む場合は「暗いみの」をさし、別の色を表す。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かち‐いろ【褐色/×搗色】
黒く見えるほど濃い藍色(あいいろ)。濃紺色。「かち」は「勝ち」に通じ、縁起をかついで武具の染め色や祝賀のときに用いられた。勝ち色。かち。かちんいろ。かついろ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かつ‐いろ【褐色/勝つ色】
かちいろ(褐色)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かっ‐しょく【褐色】
黒みがかった茶色。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かちいろ【褐色】
〔「かついろ」とも〕 黒く見えるほど深い藍あい色。「勝ち色」に通じるので、武具などを染めるのに用いた。かち。かちんいろ。
かさねの色目の名。表裏とも萌黄もえぎ色。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かちんいろ【褐色】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かっしょく【褐色】
黒っぽい茶色。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

褐色
かちいろ
染色の名。かちん色ともいう。中世以降、紺色ないし黒みのある藍色(あいいろ)をさす色名として用いられているが、元来、褐(かつ)とは毛織物のことで、褐色(かっしょく)というと薄茶色のことである。褐色(かちいろ)は勝色、活色などの字をあて、褐(かち)は勝(かち)に通ずるとして武士が好んで用いた。なお、褐染めは播磨(はりま)国飾磨郡(しかまこおり)(兵庫県)の名産として中世以来知られた。褐は「搗」の借字で、藍を臼(うす)で搗(かち)て(搗(つ)いて)染めるところからきたといわれる。[高田倭男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

褐色」の用語解説はコトバンクが提供しています。

褐色の関連情報

関連キーワード

環境JIS学校用家具国際計量計測用語JISJIS漢字水準旧JISJIS X0221マンセル表色系新JIS試薬

他サービスで検索

「褐色」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.