Rakuten infoseek

辞書

複製【ふくせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

複製
ふくせい
copy
絵画作品の模写彫刻作品や工芸品などの模刻または模造をいう。古代ギリシアのヘレニズム時代から古代ローマ時代にかけて古典的彫刻を模範とする複製が作られ,特にハドリアヌス帝の時代にはギリシア時代のほとんどの作品が模刻され,職業的な複製業が成立した。ルネサンス時代にはその時代の有名な美術家の作品が複製されたが,バロック時代になると複製ないし模写は美術アカデミーの美術教育のうえで重要な役割を果した。複製は原作を原作者以外の人が同じような技術的手段で再製するものであり,原作と大きさや素材が異なっても容認されるが,細部比率は正確であることが肝要である。最近では高度の印刷技術によって絵画作品などはきわめて正確に複製されるようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

複製
ふくせい
replication
分子生物学の用語としては,遺伝子である1本のデオキシリボ核酸 DNA二重螺旋から,同じ塩基配列をもつ DNA二重螺旋が2本つくられることをいう。複製は,簡略に記せば DNA→DNAと書くことができて,DNA→メッセンジャー RNA(mRNA)を「転写」といい,mRNA→蛋白質という情報伝達を「翻訳」というのと対比して用いられる概念である。複製の仕組みは,二重螺旋がほどけて,1本ずつのに並んでそれぞれ相補的な鎖が合成されることによる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふく‐せい【複製】
[名](スル)
もとの物と同じ物を別に作ること。また、そのもの。「鍵を複製する」
美術品・著作物などの原作品とそっくり同じ物を制作すること。また、そのもの。「名画を複製する」
(「覆製」とも書く)写本・刊本などを原形のままの形に作ること。翻刻に対していう。「複製本」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふくせい【複製】
一般に,元のもの(オリジナル)を模して,限りなくその原形に近いと意識される相似物をつくりだすことをいい,また,そのつくりだされた相似物そのものも同じ言葉で呼ばれる。そして多くの場合に,その再製されるものはいわゆる〈著作物〉であり,絵画,彫刻などの美術品をはじめとして,文芸学術,音楽などの広い範囲のものが含まれる。 〈複製〉という日本語は,近代以降に広く通用するようになった新しい言葉であり,英語のコピーcopy(またおそらくはリプロダクションreproductionなど)の翻訳語として用いられ始めたものと考えられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

複製
ふくせい
もとのものと同様なものを製作すること、またその製作されたもの。法律においては、印刷、写真、録音、録画などの方法によって著作物を形のあるものにそのまま再製するすべての行為をさし、複製権は著作権から派生する諸権利中もっとも基本的かつ重要な権利になっている。
 芸術作品や美術作品においては、模写、模造、模刻など、オリジナルoriginal(原作)を別人が同様の技術手段によって再製する手仕事的なコピーcopyが古くから行われていた。このコピーは、ギリシア彫刻のローマ時代模刻のように、原作が失われている場合、それ自身学術的にも芸術的にも価値があるし、高松塚古墳壁画の模写のように、実物の鑑賞が不可能な場合、伝達にとっての不可欠な手段でもある。一方、木版、銅版、石版などの印刷技術の発明は、とくに平面的な絵画のリプロダクションreproductionの盛行を促した。ともに複製とよばれるが、一点もののコピーと量産的なリプロダクションは区別される必要がある。
 また、彫刻、建造物、記念碑、機械、道具など、立体的なものの複製はレプリカreplicaとよばれる。
 映画の発明を含む写真技術の発達、さらに音の複製(レコード)の発明によって、リプロダクションによる複製芸術の占める地歩は、20世紀の芸術のなかで、各種の芸術方法と並んで独自のものとなった。加えて1990年代に登場したデジタルによる高度な技術機器の発展と普及により、印刷、音響、映像などを個人で複製することが容易になったことから複製権の問題はきわめて複雑化している。[畑 暉男]
『ベンヤミン・ヴァルター著、佐々木基一編・解説『複製技術時代の芸術』(1999・晶文社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

複製
図書や雑誌,録音テープやコンパクトディスクなどの記録資料を,原形のままに模して再製すること.また,再製されたもの.再製の対象としては,資料の物理的形態よりも資料の内容が重視される.したがって,図書や雑誌の場合,紙質装丁も同一に再製する場合もあるが,素材は異なっていても版面部分が原物と同様に再製されていれば,通常は複製と呼んでいる.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

複製
フクセイ
replication, duplicating

】replication.もとの二本鎖DNAとまったく同じ二本鎖DNAがつくられる過程.二本鎖をほぐすタンパク質など多数の因子が関与するが,DNAを鋳型としてDNAを合成するDNAポリメラーゼが中心的役割を果たす.細胞分裂のたびにゲノムDNAが複製される.この過程を繰り返すと,ある頻度エラー(変異)が起こるのは避けられない.エラーの修復系も備わっているが,それでもなおしきれない場合があり,長い間には変異が蓄積する.[別用語参照]DNAの複製】duplicating.[別用語参照]複写

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

複製」の用語解説はコトバンクが提供しています。

複製の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.