Rakuten infoseek

辞書

複成片麻岩内褶曲【ふくせいへんまがんないしゅうきょく】

岩石学辞典

複成片麻岩内褶曲
ミグマタイトや貫入片麻岩などの中の一次的に褶曲した脈の形で,複雑な流れ現象があり,剪断面が欠如しているのが特徴[Sederholm : 1907].プチグマティックな脈は細かく込み入った激しい褶曲を示している.ミグマタイトの形成や組成に関係している.ゼーダーホルムはこの褶曲の形成機構をミグマタイトの原岩や特性に起因すると考えた[Sederholm : 1907].捩れ構造(torsion strugture)[Grubenman : 1907].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

複成片麻岩内褶曲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

複成片麻岩内褶曲の関連情報

他サービスで検索

「複成片麻岩内褶曲」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.