Rakuten infoseek

辞書

複式簿記【ふくしきぼき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

複式簿記
ふくしきぼき
double-entry bookkeeping
個々の取引を2つの側面へと分析して左右を対照させ,二重記録を行なう簿記法会計帳簿の記録方法として,最も広く普及している方法である。たとえば商品を掛けで販売したとき,売上高という収益の実現と,売掛金という資産の増加が同じ金額で二面的に対照して記録されることがその一例である。これを用いる場合,取引は発生順に仕訳帳に記録された上で元帳へ転記され,元帳の項目別残高を列挙して作成される試算表の左右の金額が一致することをもって記帳の正否が自己検証され,その後,必要な決算整理を加えて財務諸表が作成される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふくしき‐ぼき【複式簿記】
すべての取引を、ある勘定借方と他の勘定の貸方に同じ金額を記入し、貸借平均の原理に基づいて組織的に記録・計算・整理する薄記。→単式簿記

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビゲート ビジネス基本用語集

複式簿記
複式簿記とは、資産・負債・純資産(資本)・収益・費用の増減を伴うすべての取引活動を、帳簿の借方・貸方という2側面から分解し、貸方に金額を記録すると同時に、借方にも同額を記録する方法のこと。こうした記録方法を仕訳という。 この方法では、借方の合計と貸方の合計は常に等しくなる(貸借均衡の原理)はずであり、もし等しくならない場合は、記入ミスがあることを意味する。

出典:ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふくしきぼき【複式簿記】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふくしきぼき【複式簿記】
簿記の一。すべての取引を借方・貸方に分けて記入したのち、各口座ごとに集計し転記する方式。貸借平均の原理により、資産の移動や損益の状態を正確に知ることができ、記帳の偽りや誤りも同時に確認できる。現在の企業会計の根本をなす。 ⇔ 単式簿記

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

複式簿記
ふくしきぼき
double-entry bookkeeping
簿記の種類の一つ。中世イタリアで商人が債権債務の記録を行った方法が起源とされている。世界最古の複式簿記の書物として、1494年イタリアの数学者ルカ・パチオーリが著した『ズンマ』Summa de arithmetica, geometria, proportioni et proportionalita(『算数、幾何、比および比例全書』)がある。
 複式簿記では、すべての取引を、資産、負債、資本、収益、費用という五つの要素からなる勘定に記録を行うが、その場合、ある勘定の借方と他の勘定の貸方に同じ金額で記入する貸借複記の原則が貫かれる。このことにより、複式簿記では財産計算と損益計算の両者が行われることになり、期末の資産、負債、資本、収益、費用の残高を集計した残高試算表を、資産、負債、資本の要素に属する勘定と収益、費用の要素に属する勘定に二分することで、実質的には貸借対照表と損益計算書が導かれることになる。[万代勝信]
『大野巧一・和田聡著『複式簿記のしくみ』(2008・関東学院大学出版会、丸善発売) ▽橋本寿哉著『中世イタリア複式簿記生成史』(2009・白桃書房) ▽百瀬房徳著『体系複式簿記』改訂版(2009・森山書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふくしき‐ぼき【複式簿記】
〘名〙 簿記の一つ。すべての取引を借方と貸方の二面から記入する簿記の方法。財産の移動と損益を正確に知ることができ、また、間違いを自動的に検出できる。複式記入。複式。⇔単式簿記。〔英和商業新辞彙(1904)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

複式簿記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

複式簿記の関連情報

他サービスで検索

「複式簿記」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.