Rakuten infoseek

辞書

【セイ】

デジタル大辞泉

せい【製】
つくること。また、つくったもの。
「然(しか)るに織機の―、未だその心に満たざれば、…これを改造せんと欲して」〈中村訳・西国立志編
名詞に付けて用いる。
㋐地名に添えて、そこで作られたことを表す。「フランスの香水」
㋑材料・手段などを表す。「プラスチック」「お手

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい【製】[漢字項目]
[音]セイ(漢)
学習漢字]5年
物をこしらえる。つくる。「製作製紙製図製造製鉄製品製粉官製燻製(くんせい)作製精製粗製創製特製剝製(はくせい)複製縫製木製

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せい【製】
作られたものであること。作。 「名匠の-になる刀剣」 「鋼鉄-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せい【製】
[1] 〘名〙 つくること。また、つくったもの。つくり。こしらえ。〔和英語林集成(初版)(1867)〕
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉二「然に織機の製、未だその心に満ざれば、己の新意を出し、これを改造せんと欲して」 〔春秋左伝‐襄公三一年〕
[2] 〘語素〙 地名や材料を表わす語の下に付けてそこでつくられたもの、それによってつくったものなどの意を表わす。
福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉欧羅巴各国に行く「こんな弾丸が〈略〉イヤ能く見れば露西亜製(セイ)のものぢゃ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐・す【製】
〘他サ変〙 ⇒せいする(製)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐・する【製】
〘他サ変〙 せい・す 〘他サ変〙 ものをる。こしらえる。製造する。
※将門記承徳三年点(1099)「斯に自ら製(セイシ)て謚号(いみな)を奏し、将門を名づけて新皇と曰ふ」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「指先で紙巻烟草を製する事も出来」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

製の関連情報

他サービスで検索

「製」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.