Rakuten infoseek

辞書

製品差別化【せいひんさべつか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

製品差別化
せいひんさべつか
product differentiation
企業が自社製品に対して,競合製品との差異を強調し,市場における優位性を確保するために行う企業戦略の一つ。製品自体の品質や性能を変更することにより競合製品と差別をつけようとする方法,製品それ自体には競合製品との差別をつけず,その製品に対する買手のイメージや信頼度を高めて差別化する方法などがある。ブランド・ロイヤリティを高めることが最も重要で,広告が主要な手段である。ただし差別化戦略の目的は,価値を高くしても消費者が購入してくれるよう工夫することであって,価格を下げて安売りすることは差別化ではない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいひんさべつか【製品差別化 product differentiation】
製品分化ともいわれる。同一の産業に属する企業の製品であっても,さまざまな点で異なっている場合がある。たとえば自動車は,性能,デザイン,イメージなど,さまざまの点で各社の製品は異なっている。このように,ある売手の製品が他の売手の製品と,性質・性能,イメージ,付帯サービス,立地条件などの点で異なっており,他の売手の製品よりも価格が高くてもこの売手の製品を買う買手が存在する場合,製品は差別化されているという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

製品差別化
せいひんさべつか
product differentiation
自社の製品に対し競合製品と識別させるために価格以外の特異性を与え、顧客に自社製品の優越性を認識させてその購買へと誘導し、競争上の優位を得ようとするマーケティング戦略の一つ。非価格競争のための代表的戦略であり、自動車、家電製品、カメラ、時計など最終消費財としての機械製品に典型的にみられる。特異性を与える方法としては、商標(ブランド)、デザイン、包装、販売条件、サービス、のれん、店舗の位置や雰囲気など、製品の無差別性を失わせ、特異性を印象づけるものが利用されるが、もっとも重要なものは、広告・宣伝による商標の浸透である。この場合、広告・宣伝には、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、ダイレクト・メール、屋外看板、車内広告など、あらゆるメディアが動員される。いったん差別化に成功すれば、その部分、市場に対しては強い市場支配力をもちうるから、収益力は当然に向上することになる。[森本三男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

製品差別化」の用語解説はコトバンクが提供しています。

製品差別化の関連情報

他サービスで検索

「製品差別化」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.