Rakuten infoseek

辞書

裸線【はだかせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

裸線
はだかせん
bare wire; bare conductor
線引きした導電材料をそのまま使用する電線アルミニウムなど1種類の金属から成る単金属線,銅合金アルミニウム合金など,2種類以上の金属を使った合金線,2種類以上の金属の被覆,圧接,溶着,メッキなどでつくった複合金属線,合成撚線などがある。複合金属線のうち,銅覆鋼線は鋼線の周囲に銅層を融着被覆したもので,引張り強さが大で,電流が表皮効果で表面に集って流れる場合には有効である。また鋼心アルミ撚線 (ACSR) は中央の鋼線でアルミ線の強度を補った合成撚線で,長径間の送電線に適している。その構造から,単線,同心撚線,集合撚線 (多くの素線を束ねてより合せたもの) ,平型撚線 (素線をより合せ平型にしたもの) ,編組線 (素線を数条袋編みにしたもの) ,複合撚線 (幾組かの撚線をさらにより合せたもの) などに分けられる。用途としては,鉄道の架線,送電線,電気室内の母線などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はだか‐せん【裸線】
絶縁体で覆ってあるものに対して、むき出しになっている導線

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はだかせん【裸線】
ビニールなどの絶縁物でおおっていない、むき出しの電線。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はだか‐せん【裸線】
〘名〙 絶縁体や保護用の材料で覆われていない導線。らせん。〔和英海語辞典(1928)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

裸線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

裸線の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.