Rakuten infoseek

辞書

補語【ほご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

補語
ほご
complement
文法用語。文を完成するのに必要な要素で,主語または目的語と意味上主述関係をなすもの。特に伝統的な英文法でよく用いられる。 (1) Time is money. (時は金なり) ,(2) They call it love. (人はそれを愛と呼ぶ) で,(1) の money ,(2) の loveがなければ,動詞の意味からいって文が完全にならない。 (1) の moneyのようなものを主格補語,(2) の loveのようなものを目的格補語という。しかし,補語の定義は人によってかなりの差がみられ,日本の言語学者の間でも,定義は一定しない。またたとえば,仏文法では英文法で目的語と呼ぶものを,補語と呼ぶなどの用語の違いもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほ‐ご【補語】
complement》英語・フランス語などの文法で、それだけでは完全な意味を表さない動詞の意をおぎなう語。He is rich. I make him happy.のrich, happyの類。
日本語で、連用修飾語のうち、主として格助詞」「」などを伴う語。「兄が弟に本を与える」の「弟に」の類。「」を伴うものを目的語または客語というのに対する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほご【補語】
主語(主語・述語),目的語などとともに,文を構成する成分の一つであるが,その内容は各言語,各研究者によりさまざまに異なった定義が与えられている。 そのなかで,われわれに最もなじみ深いのは英語文法の用語としてである。通常,英語文法ではI am a boy.のa boyや,He is rich.のrichを補語と呼ぶ。これはbe動詞を代表とするいくつかの動詞は,主語+動詞では完全な意味を表せず,その後に来て全体を完全にするもの(complement)を必要とするわけであるが,これが補語といわれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほご【補語】
〔complement〕 英文法などで、不完全自動詞・不完全他動詞の意味を補う語。He is a teacher. He made her happy. などにおける a teacher, happy など。
にならって国文法で、述語動詞の意味を補って、文意を完全にする役割を果たす語句をいう。連用修飾語のうち、主として格助詞「に」「と」を伴うもの。「花が実になる」「白を黒という」における「実に」「黒と」の類。格助詞「を」を伴うものを目的語または客語というのに対する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

補語
ほご
文の一成分をさすが、学説により内容に出入りがある。比較的に明確なのは伝統的な英文法のもので、不完全動詞の叙述を完全にするのに補われる名詞・形容詞をさす。be, becomeなどの不完全自動詞は主格補語を従え、make, find, keepなどの不完全他動詞は目的補語を従える。補語は義務的な成分であり、そうでない成分は修飾語となる。実際にはこの規定をはみ出るものがあり、Winter is over /He is in the garden/Put it on the deskの副詞(句)も補語的であり、He died young /He came inでは補語か修飾語かはっきりしない。
 フランス文法では、さす範囲が広く、目的語、一般の副詞・副詞節までも含む。日本文法でも学説により内容が異なっていて、三上章(みかみあきら)は主語まで目的語と同列に扱って補語とした。日本文法では、分類の基準自体がはっきりしないことが多く、問題が残っている。[国広哲弥]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほ‐ご【補語】
〘名〙
① (complement の訳語) 西欧語の文法などで、不完全自動詞・不完全他動詞の意を補う語。英語の “He is a sailor” “He made her happy” の中の、“a sailor” “happy” の類。
国文法で、連用修飾語のうち、主として格助詞「に」「と」を伴うもの。「を」を伴うものを目的語または客語というのに対する。「母が私にお小遣いをくれた」の「私に」の類。
※中等教科明治文典(1904)〈芳賀矢一〉三「『勉励衆に超ゆ』『氷水となる』右の二文は『勉励超ゆ』『氷なる』にては叙述の意味完からず。『衆に』『水と』の補語を加へて、叙述始めて完全するものとす」
[補注](②について) (1)「彼は学生なり」「これは本である」「光陰矢の如し」などの「学生」「本」「矢」を、これがないと意味をなさないという観点から補語とするもの、さらに「賊を捕える」「文法を教える」などの「賊」「文法」(普通は客語とされる)をも補語に含めるものなど異説がある。
(2)学校文法では、橋本進吉の考えに従い、客語や補語を区別せず、一括して連用修飾語として扱っている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

補語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

補語の関連情報

他サービスで検索

「補語」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.