Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

裏地【ウラジ】

デジタル大辞泉

うら‐じ〔‐ヂ〕【裏地】
衣服などを(あわせ)仕立てにするとき裏につける布地。⇔表地

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うら‐じ ‥ヂ【裏地】
〘名〙 衣類や布製品の裏に用いる布地。⇔表地
※師郷記‐永享七年(1435)正月五日紙背「うらちとも事、かけ候はす、をき候へく候」
※幇間(1911)〈谷崎潤一郎〉「裏地に夜桜の模様のある黒縮緬の無双羽織を」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うら‐ち【裏地】
〘名〙 ある建物や土地の裏側にある土地。また、裏通りに面した土地。
※随筆・守貞漫稿(1837‐53)三「裡店借。店借、但裡地に居宅するを云」
※交尾(1931)〈梶井基次郎〉一「それは巨大な工場地帯の裏地のやうなところで」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

裏地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

裏地の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.