Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

装丁(装幀)【そうてい】

世界大百科事典 第2版

そうてい【装丁(装幀)】
書物を形づくること,その方法をいう言葉。長沢規矩也著《図書学辞典》(1979)によれば,装幀とは書画掛物や額に仕立てることで,〈装訂〉と書くのが正しく,訂はきちんとまとめる,とあるが,訂は一部でしか使われていない。常用漢字のなかに幀がないので,音だけ当ててを用いることが多い。〈装幀〉という言葉が本来の意味を離れて,いわば誤用が定着してしまった原因の一つには,和装本の表紙づくりや裏打ちの仕事が,書画を表装する仕事と似通っていたこともあげられよう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

装丁(装幀)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

装丁(装幀)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.